FC2ブログ

歌い初めと初笑いと♪

昨年の大みそかは「朔月(新月)」だったそうで。
「ぬばたまの」とはかくや、というほどの
漆黒の闇夜だったであろうと思われます。

それでも、ちゃぁんと、おひさまは昇り
あたらしい年は、なにもなかったように動いている。
なんだか不思議。とっても素敵。

そんなこんなの今年も、もう七草の日!
月日の流れが、年々速度を上げているようで
あわあわおろおろしております。

毎年の恒例ですゆえ
「おうたつくり」としては「歌ひ初め」なんぞも
してみたり。。たり。。。たりりrrr。

「あいかわらず」の無手勝流ゆえ
おめよごしの段、平にお許し願いつつ。。。

朔月の 闇夜もひらき
  あらたまの 年は来ませり ありがたき哉
 
                           ー 鍵盤屋音夢鈴 詠 ー



ーおそまつさまでございましたっ。。。。。


さて
せっかく「明けて」くれた新年ですゆえ
たいていのことは
「わろとけ、わろとけ(笑っておけ)」
で済ませらますように♪
と願いをこめまして、ちょいと縁起かつぎをば。

名人の噺を東西二席で「初笑い」
と、しゃれてみることにいたしませう。

生まれも育ちも「かんとうもの」のくせに
なぜか、耳に親しいのは
枝雀師匠の「時うどん」のほう。

なんと申しましょうか・・・このお方は。。。
なにしはっても、いちいちおもろい(くすくすくす)







で、東の名人としては
「ウワサの(←うまいっ!!って♪)きょんきょん」こと
柳家喬太郎師匠の動画がみつかったので(わぁい♪)
江戸前落語の「時そば」も、楽しめる幸せ♪(わくわく)

枕(本筋の前のオリジナル噺)が・・・
「通勤ラッシュ」経験者といたしましては
これまた・・・ツボにはまって(うくくくくくくっ!)
ぶわっははははははは!!!!!








にゃ~~~~~っはっはっはっはっは!!!!!♪♪♪
どっちもおかしい♪ どっちもたのしい♪
こいつぁ春から縁起がよろしいようで~♪(てけてん)

と・・・こんな風ですから
「いったいここの『あきない』はなに?」
と、謎が謎をよびそうな「音の棲む場所」でございます。
あいかわらず、ふわふわまったりと漂ってゆきますゆえ
今年も、あい変わりませず 鍵盤屋・銀猫のコンビを
おひきたていただきますよう

ご贔屓・御鞭撻・・・・・
いえいえ♪
お遊び・おつきあいのほど♪

隅から、隅まで、ずずずぃいいいいいっとぉっ(ちょん!)

おん願い上ぁげ立てまつりまするぅううううううう♪(ちょ・ちょんっ♪)


ずずずずzzzzzzzzz(緞下がりrrrrrrrrr)
スポンサーサイト



なんとかどうにかお弾き初め

早々に賀状をくださった皆様。
楽しく、うれしく拝読しております。
ありがとうございます。

なんとかすこしずつ「日常」が戻ってきており
ちょろちょろうろうろと、うごめいてはおりますが
お年賀状の季節中に御返事。。というのはどうやらすこし難しく。

寒中お見舞いか・・・
春のごあいさつか。。。
たいへん失礼を申しあげますが、どうぞ長い目でお待ちください。

そんな中
「習慣」というのは恐ろしいもので
まるで「体内時計タイマー」でもあるように

「あ・・・2日。。。お弾き初め!!」

と、思ってしまったのですよね。
で・・ついつい、うっかり弾いちゃうという(爆)
しかも、思いついた時には
すでに午後9時(遅いぞっと・・・苦笑)

夜でもあり、何週間ぶり?のぴあのちゃんとの対話でもあり。
そんなわけで、ゆらりゆらゆらと、こんな選曲にて。

シューマン トロイメライ

バッハ プレリュードC dur

ショパン エデュード 25-1

古曽志洋子 絵画的小品「風景」


シューマンの子供の情景。これは演奏するたびに
恩師のレッスン室の景色がよみがえる曲。
メロディー最高音のFやAを響かせるとき、
耳の奥で、美しいソプラノだった恩師の声がきこえる。
う~~~~~ん・・・まだまだ・・です。ね。
でも、なつかしい響き。
「わたしの呼吸」がよみがえるのを感じる。

プレリュードC dur
「天球の音楽」といわれる、音の連なり。
掌の中に、音をあつめ「音の胎動」を感じる。
そして、音の流れとともに、その響きを大気の中へと返す。
天体の動きそのものであり、自然そのものである「流れ」は
「意図」という邪気にとらわれるとたちまちこわれてしまう。
決定的な道程に見えて、とてもあやうい。
まるでガラス玉演戯。

と・・・
ここでやめようか?と思ったのですが
筋力問題を自覚したくて、ショパンエチュード
楽な姿勢で、ゆるりと演奏しつつ
「なるほど・・・」と「いまのじぶん」を理解する。
PからPPPの間に100のニュアンスがつけられたって?(くすくす)
と、作曲者の「伝説」を思い返したりする。
たしかに「病み上がり演奏」には「必要」なことだわね(爆)
ただ、それでOKというものでもない。満足できるものでもない。

最後にふたたび「じぶんの呼吸」に還ろう。
ということで、思い出したのは、あの日の夏。
そんなわけで、ひさしぶりに古曽志先生の「絵画的小品」を。

「あの日の夏」の動画です。
ものすごい台風の中の録画。
それをいかして、名画風に画像加工してありますが
音は「そのまま」です。
使用楽器:Y社 A1R
この会場とこの楽器の相性は最高だと思いました。




さてと。
「たいりょく問題」を解決せねば。です。
「おせち」そのままでは食べられないので
「にらみ鯛」をほぐしておだしとって
「たけのこ」「かまぼこ」などトッピング
「めで鯛飯」だそうです・・・えと・・・相方謹製デス。

ゴチになりました。

NEC_3139.jpg


それでも新しい年は明けてくれて♪

PB260172.jpg

みなさま。。。。(こそーり)

あけましたっ!(ひそーり)

ちゅうくらいに。。ね?
いえいえ。。。ちっちゃい声で。。。ね?

おめでとうございます。

そして、おもいきりおおきな声で

おかげさまで、あけました!
ありがとうございます!


みなさまにとって、
新しい一年が素晴らしいものでありますように。

本年も、「ちんまり鍵盤屋」「おうたつくり」そして「銀猫同居人」
として、またーりひそーりと活動していけたら幸せです。

年末のすったもんだのおかげで、
今年は、ほとんど「買ったもの」での御正月。

・・・・なれども。

こちら・・・。

相方謹製「おなます」
だそう・・・デス♪

ごちになりました♪
相方謹製おなます♪

ことばのちから

image_2013112111252717e.jpg
エンデの死後にまとめられた
いくつかの「拾遺集」の中でも
もっとも最後に編まれた本。
「だれでもない庭」

いつか・・いつか・・と思って

でも、あんまり「いつか」にしておくと
その「いつか」を忘れてしまいそうだから
いま読もうと決心して数カ月。

おそらく
「本の虫人生」初では?
というくらい
ひどく不器用な読み方で
ちまちま、ちまちまと
いったりきたりしながら
えっちらおっちらと
読んでいます。(現在進行形)

この本の中で
「あ」と思ったことは
とっても沢山あるのですが。
なかでも、これ。

この「ことばたち」のページの上で
「本の虫」は止まったきり。

はじめて出会った
「ことばたち」
でも、ずいぶんまえから
知っていたような気もする。

心のなかに靜かにつもっていた
形にならなかった「思い」に
ぴたりとあう「ことば」を
見つけてもらったような。

光を変える
       ミヒャエル・エンデ

あなたの芸術を邪魔するものを
あなたの芸術のテーマにするんだ
あなたを善き者にさせないものを
あなたの善意の対象にしよう
あなたに認識させないものを
あなたの思考の基礎にしよう
あなたに意識させないものを
あなたの注意の中心にしよう
あなたから生をうばうものを
あなたの生のなかみにしよう


この「あなた」とは
実は他の人じゃなくて、エンデ自身なのでは?
と、思う。なんとなく・・・・だけどそう思う。

「じぶん」ってむずかしい。
そのむずかしい「じぶん」を
かえることなんて
さらにむずかしい。

「切る角度」を変えなければ
どんなに小さくなっても
「じぶんはじぶん」
「白菜は白菜」
ほらね。
ちんまり手のひらサイズ
それでも
「白菜は白菜」
image_20131120040606302.jpg

こうして、
ふとつかまってしまった「思い」は
「まさしく!」ということばを得たせいか
あれこれと忙しくめぐろうとしてしまって
どうにも気ぜわしい。

だから         
こうして「台所」という
現実に移り住むことで
はっきりとさせずにとどめようと思う。
なぜか、そうしたほうがいいと思う。

ぐるぐると、考えがめぐっているうちは
おそらく、まだなにか迷いがあるのだろう
それなら
いまは、ただうっすらと感じることだけに
とどめておこう。。

「あ」と思った勢いで
無理に切り口をかえても

おそらく・・
だけど

ほんとうの意味を
理解することなど
できないだろう


それでも。ね。
「いま」
出会えてよかった。

秋のなごり、冬のはじまり
空は青く 木々はまだ紅く
NEC_3095.jpg

もうすぐ
ほんとうの冬が来れば
強い風が
「いまのあたりまえ」をなぎたおして
秋の気配など、あとかたもなくなる。
でも、それは決して
「なかった」ことじゃないね。
そして、たぶん
「おわること」でもないね。

うっすらとでも
「いま」
気が付けて良かった。

さて。
では、せっかくの「気付き」が
「虚無」にやられる前に
すこしでも先に進もう。

どこへ?

結局のところ
いつもと同じ
白黒鍵盤の前へ

永遠に限界だらけで
常に「つくろい」が必要な場所。

でも
そこだけが
そここそが
「私の庭」

ちんまり鍵盤屋が
ちまちま・ちまちまと
「おとことば」を紡ぐ場所

smile♪
ほほえみとともに。ね?


In der Fremde(異郷にて)

おくるみ♪くるみ~♪
くるくる♪くるみ~♪

とか、歌いながら「おくるみ猫」にするのは
いいかげんに、やめてください(ぶっす。。)
小生こう見えて、本日近辺(保護猫シティボーイなので不明)生まれ
ついに、7歳(人間だと44歳 立派なおっさん)なんですからっ!
NEC_3079.jpg

あ~~かわいくない!
むかしはかわいかったのに(しくしく)

銀猫氏の「むかし」はこちら↓↓

ここ、どこ?

ブクロのシティ・ボーイ(池袋の保護猫)であった銀猫氏。
こんな山里につれてこられて、さぞ「異郷感」たっぷりだったことでしょう。
7歳になるまで、健康でつつがなく「同居猫」でいてくれてありがとう♪
君のおかげで・・・実に・・・(くふふ)・・和みますです。(うふ♪)


さてさて。
ねむりんのほうは「おんがくおくるみ」になって弾き籠りしておりますが
いまさらながら、「西欧の(しかも都市部在住)方の思う「異郷」って??」
という問いが、脳内をうずまいておりまする(ぐるぐるぐる~~♪)

というわけで、まずは「ヴァンデルン(山歩き)」といへば。
ということで、本公演中、重要な役割をはたす、フェリックスの絵画のイメージより
スイスへと脳内旅行@ゆーちゅぶ♪ をば試みてみましたん♪

そしたら。。。あらま!お宝映像が♪

サウンド・オヴ・ミュージックのモデルとなった
トラップファミリ^シンガーズによる歌唱&演奏♪
ホンモノです♪


演奏楽器も、とてもとてもとてもとてもとても興味深い!!!!!!
(フェリックス的にも!ヴォルフィー的にも!←まだちっこいヴォルフィーをつれてるらしい人)

ところで、もうちょっとお年を召してらっしゃいますが
これも楽しい映像♪
マリアとマリア♪あなたがわたしで、わたしがあなた♪(←ややこしや~♪)


ヨーデルがね~♪ ちょっとね~~~♪
と「ほんもののマリア」さんがおっしゃっているのは
きっと「ひとりぼっちの羊飼い」のことかな?
↑のTVショー?は当然映画より後の収録と思われますが
こちらの動画も、映画以降。。という理由もあるでしょうが
こっちの歌い方のほうが好きかも~♪(なにより楽しい♪)


ところで、ワタクシゴトではございますが
少々「いまさら」な懺悔をば。。。。
この曲はじめ、サウンドオブミュージックメドレーを
突然盛り上がッちゃったから♪というだけの理由で
アカペラで列になってハモりたおした。。という。。
「ハタ迷惑な女子大生たち@長野千畳敷カール♪」
それは、ウチの同期たち(含む私♪)でごじゃいます。
(しかも全員ピアノ科、山にあるまじき軽装・・・・・若気の至り~~~♪♪♪)

さらにさらに、ワタクシゴトですが
小学校合唱部時代♪(ええ・・っとさらにすごい昔です 爆)
人生「初ヨーデル」体験は、ウィーン少年合唱団ソリストによる
「ヨハン大公のヨーデル」でした。

で・・・うわわぁ!「耳記憶」によると、まさしくこの声!
(添えられた画像は???ですが・・・ほほほほほ♪)


で・・これを、「ホンモノ」のヨーデル歌手さんが歌うと?
というのが、こちら♪


う~~む。
フェリックス的にもヴォルフィー的にも、こーゆーの好きだったんじゃないかな。
はるか遠い東洋のすみっこ「やーぱん」のそのまた田舎に住まいしていると
「ユーロ使ってる国はみんないっしょ~♪」みたいに思ってしまうけれど
19世紀的には、すでに、このあたりから「異郷」だったのかもしれないなぁ。。。
などと、思いを巡らせるのであります(あれ?さらにぐるぐるするかも。。。)

音の棲む場所猫の額庭のかたすみには、
最近の朝夕の冷え込み&霜にも負けず、
小菊の花が咲き残っております。
NEC_3114.jpg

ので、公演もまだまだ先よね~~♪
などと思っておりましたら
もう12月1週も折り返しちゃったわよ!(どっひゃあ)

で。。お散歩道すがらに、見つけてしまいました。
NEC_3108.jpg

毎年誠実に着実に花を咲かせる沈丁花さま。
もはや「春の準備」が万端でいらっしゃいます(大尊敬)

というわけで
がんばろ~♪ろ・ろ・ろ・ろろれいひ~~~~♪(←深夜テンション続行中?爆)
くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
08 | 2020/09 [GO]| 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR