FC2ブログ

明日から8月!

♪明日からいよいよ8月葉月でございます♪
というわけで、テンプレートを変更しました。
十五夜さま、いつも美しい背景をありがとうございます。


さて
暑さはますます・・のようですが
なんとか乗りこなしたいと存じます。



夏・・というと、
思い出す「声」があります。

くどうなおこさんの「のはらうた」より
おれはかまきり  かまきりりゅうじ

という「詩」を読む
・・いえ
「吠えたてている」(爆)
なりきりロックンローラーみたいな
小学3年生くらいのTっちゃんの「声」を
思い出すのです♪
(もちろん!マイクはエコーかけましたとも!)

(関係者各位へ Tっちゃん=イカマル君です♪)

・・以下・・想い出再現のために
本日出会った「かまきり氏」に
特別出演をしていただいております。
苦手な方はごめんなさい!
ちょっと間をあけますね。


・・・・・・・


・・・・・・・・

そろそろかまきり氏が出ますよ。

・・・・・


もういいかい?(もういいよ♪)

ではでは♪



おれはかまきり  @音夢鈴脳内劇場


お~ぅ!夏だぜぃ♪

おぅ!夏だぜぃ!

おれは げんきだぜぃ♪

かまきり氏




お~~ぅ!

・・・・あついぜぃ・・・・

・・・・・(ぜえはあ)・・・

お・・おれは・・・


・・・・おれは・・・

が・・・がぁんば~るぜぇ~~~~い!!

おれはげんきだぜぃ

(中略しまくり・そして「・・・」「♪」「!!」は音夢鈴演出でございます)

男の子の声って、想い出の中にしか残らない。
今では180cm超えのイケメン高校生らしいデスが(うふふ)

「想い出」という宝物をたくさんいただきました♪
毎年、夏休みが来るたびに、
アルバムをめくるように楽しませてもらえます。
出会ってくれたこどもたち
みんなみんな。ありがとうね。
スポンサーサイト



猛暑乗りこなし術

★撃退!したり
乗り切り!とがんばったり
対策!と敵視したり
そんな「けんかを売る」方向じゃなくてね。
もちょっとゆるやか~に
猛暑さんを「乗りこなそう」
(えぇ魔女のホウキのようにね)
という方向で薬膳娘さんがなにやら作っております。


で、それらを試食させていただいております。
えぇ・・あのその・・
もっぱら食べるばかりの音夢鈴でございます♪

個人の感想ではございますが。
なかなかな「乗りこなしっぷり」
食養生・・古き良き日本の知恵。

江戸のころ、「甘酒」は夏の季語だったとか。
というわけで、
冷房の中で長時間・・の後は温かくして生姜入れて
甘酒しんじょ
季節がら柚子はないので、
ニューサマーオレンジのピールも入っております♪
胃腸に問題がなければ冷たいものも可

さて、もひとつ一風変わった取り合わせ
玄米フレークに温かい甘酒(冷たいものでも可)
えーっと・・・お味のほうですが。
白みそ味がOKな方には大丈夫かと。
ほぼ「白みその御汁かけたお焦げ」な雰囲気♪


甘酒
上記に仕様している「甘酒」はこちらより調達♪
七賢さん@甲斐国白州
このまま美味しくいただけます♪

さてさて
薬膳娘さんおなじみの魔女スープ
(ウソです 生薬などを入れたチキンスープです笑)
ただいま「猛暑乗りこなしスープ」として製作中♪
基本はいつもの「魔女スープ」なのですが
中に入れる生薬やらいろいろを変えてるらしい。
出来上がったら、スープだけを冷やして
ぷるっぷるのゼリーでいただけるそうな(わくわく)


image_20120729230051.jpg


きちんと「お料理」したものは彼女のパテントなので
このあたりにて失礼をいたしまする♪

というわけで、
「食べるだけ」の音夢鈴がお届けいたしました~♪

♪おまけ♪
銀猫M氏御自慢の「立派なモモ肉」・・・
(猫とは思えないご立派さデス・・)
m.jpg

暑中お見舞いfrom銀猫M氏

★みなさま・・どうも・・・(ふみゃっ・・)

毎日毎日、お暑うございます。
銀猫M氏でございます。

↓は、さいきんお気に入りの「枕」で
♪すやすや~ねんね~
と、ぴあのちゃんの上の御昼寝タイムを
すっかりエンジョイしている小生でございます。

え?その「枕」は「楽譜」っていうんじゃないかって?

NEC_1921.jpg

そうかにゃ?・・・そうかも・・。
時折、色や材質が変わりますが
今の青い色でちょっとしわっとしている「枕」は
高さがちょうどいい感じでよく眠れます
(あのぅ・・M氏よ。それってヘンレ版のベートーヴェンソナタ・・)
NEC_1919.jpg

おなじに青くてちょっと薄い「枕」がお耳載せにちょうどいい♪
(だから、それはヘンレ版のモーツアルトのソナタ・・・)


え?そなた・・・

そなたって・・・どなた?(ねむねむ)

NEC_1916.jpg

もういいです(あぁああ)
ゆっくりお休みください。
でも楽譜はこっちにもらいますっ(まったくもう)

べつに小生は枕なしでも眠れるも~~ん♪
くーすーぴーくーすーぴー
NEC_1918.jpg

(おぉ!これがウワサの!「ごめん寝」とか「すまん寝」とか?)

え?
どうして小生が「ごめん」とか「すまん」とかいうんですか?
(だぁって・・私のガクフ・・)

NEC_1915.jpg

いいじゃないですか。
適度に温まっておりますから
ちょうどいい「弾き加減」だと思いますよ?

・・・・そ・・そう?そうか?
(って・・「弾き加減」ってどんな?「湯加減」じゃないんだから・・)

なんだか銀猫氏にまるめこまれたような夏の午後・・。

本当に猛暑!な毎日でございます。
皆様どうぞご自愛くださいませ。

ではでは、音の棲む場所より、暑中お見舞いでございました。(ぺこり)

動いている銀猫M氏@音の棲む場所はこちら
注:「おうた」はM氏の迷演技に笑いをこらえているNG版です。
   声がひっくりかえったりしております!お耳汚し失礼♪


(おかげさまにて銀猫M氏ヴァージョンも222回(にゃんにゃんにゃん)を超えたようです♪8月1日現在)
(みなさま、ご視聴ありがとうございます!)

銀猫M氏&鍵盤屋音夢鈴 拝

夏休み図書館♪



♪V~A~C~A~TION 楽しいな~♪
 ギラギラと~輝く~太陽 背に受けて♪~

というわけで、津々浦々夏休みでございます~~♪
(すご~くオールディズな夏休み~~~ 爆)

そんな本日、朝。
音の棲む場所入口付近にて、セミさん羽化~♪
  
・・・・・・・

という話題から始まりますので、
ムシさんNGの方!
次のお写真は飛ばして下さいませ!



いいですか?




いきますよ・・・。




はいこちら~~~~♪
NEC_1912.jpg

残念ながら「早朝」ではないので
すでに色が「セミさん色」になっております。
でも、お目々まわりの白っぽさと
抜け殻入口の白っぽさが「抜けたてほやほや」な感じ。

早朝だと、夢のような「薄青」なのですよね。
娘が小さい頃
1時間近く、じぃいいいいいいいいっと見守ったことが。
(気長な親子なのでした・・はははは)

発見場所は身長(?笑)70cmほどの「ホトトギス」の葉の裏。
ホトトギスはこんな風に、祈る手のようなつぼみから
NEC_1914.jpg
「泣いて血を吐くホトトギス」といわれるような斑点のある
とっても特徴ある花を開きます。
NEC_1913.jpg
「名前ってなに?名前に意味などないわ」とはジュリエットの台詞ですが
この花に「ホトトギス」と名前をつけた方には
ナイスセンス!!と思ったりいたします。
うっかりおどろおどろしい名前をつけたら
ものすごく嫌われそうな花だもの・・・ねぇ?

さて、夏休みといへば読書感想文!
今年もやってきました音の棲む場所夏の陣(おおげさな!爆)
生徒ちゃんにオススメしたものの中からいくつかご紹介♪

♪1年~3年向け♪
「どうやってつくるの?パンから電気まで」
オールドレン・ワトソン作 竹下文子訳(偕成社)

image_20120728095526.jpg

訳者の竹下先生の「この本のこと」によると
『1974年にアメリカで出版された
「すこしむかしの」ものの作り方を説明した絵本』

とのこと。

そして、この「あとがき(カバー裏です)」の最後に

『「はてな?」と考え、「そうか!」とわかる。
 これは、子どもにも、おとなにも、とてもだいじな
 そして楽しいことだと、わたしは思っています』


と書かれています。
そんな訳者さまの手によるこの本。とにかく楽しい♪
そして「絵を読む」ことが大好きな低学年ちゃんに
ぜひぜひ!すみずみまで
文も絵も「読んで」ほしいと思います。


♪1年~4年生向け♪

「トキよ おおぞらへ」 
文:国松俊英 絵:鈴木まもる 金の星社

トキよおおぞらへ
今年、人が育てたヒナが「外の世界」へ飛び立ちましたね。
その後、あまり騒がしく報道がないことが、むしろ
「たよりのないのは、達者な証拠」と、喜ばしかったりします。
(私は過剰な報道こそ害毒だと思ったりするので・・)
こちらの本は、佐渡のトキ保護センターが立ち上がったころから
トキを見守っている人々の姿と未来への願いが書かれています。
鳥の絵・・・といへばこの人!
鈴木まもる先生の絵がほんとうに温かいです♪
ところでトキ保護センターの「なう」はこちらにて
佐渡トキ保護センターHP

さて、そして!
あれ?もしかしたらずいぶん長いことご紹介してない?かも?
と、気がつきまして、あらためてのご紹介です。

♪1年~6年生向け♪
黒ねこサンゴロウシリーズより
第1巻「旅のはじまり」 
文:竹下文子 絵:鈴木まもる 偕成社


sangorou.jpg

1994年の夏休みに発行されて以来
愛され続けている黒ねこサンゴロウシリーズ。
その第1巻でございます。
こちらも
ご紹介にはカヴァー裏の言葉をそのままいただきましょう。

「ぼくのなまえはケン
 サンゴロウという名の黒いねこにあい
 失われたうみねこ族の宝をみつけることになった。
 なにしろ、手がかりは
 もうぼろぼろになった紙に書かれた地図だけ。
 宝はほんとうにあるのだろうか。
 サンゴロウはあると信じている」


特急でのひとり旅・・・
小学生男子にとって(いえ!女子にも!よね)
なんという魅力的な響きでしょう!
まして、そこで自分の隣にすわったのが
謎の黒ねこ(しかもしゃべる!)だったとしたら。。
冒頭からのわくわくが最後まで止まりません。

この本は
「あこがれること」「大好きだと思うこと」
という気持ちから育つ不思議な「種」を
子供たちの心に植えつけてくれる。
そんな数少ない本のひとつだと、確信しています。

どうして、そうはっきりと確信するのかって??
それはね(うふふ)
すでにその種があちこちで芽を出し、
それぞれの場所でそれぞれの花を
せいいっぱいに開こうとしていること。
そして、自分たちがいただいた「不思議な種」を
今度は次世代に伝えようとしていることを
知っているからです。

もし、あなたが
最後のページのケンくんの言葉に深くうなずくなら
今度はあなたが、その「不思議な種を持つ人」
になったのかもしれません。

音の棲む場所図書館(司書:銀猫M氏♪)は
「~年生向け」のところ、必ず「1年生から」とします。
(モチロン!読めるなら幼稚園生でもOK)
「~まで」のところは
もうすこし踏み込んだ内容のご本があって
読めるならそちらを・・・
と言いたいときのみ学年を規定します。
そういうことがなければ
「誰でもいつでもどんな本でも好きなだけ」
さて・・今年はウチの生徒ちゃんたちは
どんな本で世界を広げるのでしょう(わくわく♪)

・・・あれ?
・・・ウチってなんのお教室だったっけ?(あはは~ん)

皆様もどうぞ素敵な夏休みを!

・・・えーーっと・・小学生ママたち!!
そろそろお疲れマックスかもしれませんが!
ぜひ!今を楽しんで!
がんばれ~~~!!

Jazzyな妖精さんの忘れ物♪

♪結局のところ、
私にとってのJAZZYなものって
(つまり、私の「中のビート」になるのかな?)
「聴くモノ」じゃなくって
「観るモノ」だったのね~~♪(これこれ)
と、まったり記憶のなごりにひたる夏の日

蓮の花が咲きました♪ということで伺いました。
NEC_1902.jpg
療法的サロンに伺う場所(高齢者施設)近隣の
とある「個人邸の外庭」に咲く古代蓮(大賀蓮)です。
逸翁とかナカタヒデちゃんとかの出身地あたりにございます。
一般公開されてますが、個人所有。
なので興味のある方は音夢鈴にメールくださいませ。
道をはさんで曲水の池が4つ。かなり広いです。


さて「観るモノ」と申しますと?
ということで
MGMのミュージカル映画とか
あっちこっちの舞台とか。とか。とか。
あれこれゆーちゅぶ散歩をして
「お勉強(←ほんとか?笑)」していたわけですが
そんな中で、トンデモないもの発見!

あんまり感激したので、おすそわけ♪

・・・って・・・
こういうことも10月から出来なくなるのかな?(おろおろ)


92歳のジンジャーロジャースwithお孫さん
音質は悪いです(ひずみもすごいし)
そして、最初はゆれてるだけ?とも見える・・・
でもでも!
ぜひとも!ぜひとも!最後まで見て!
(お時間のない方に2:00くらいからのサルサがすごいです!)
なんというテクニック!なんというターン!
最後にあんな冷静でしっとりしたレベランスができるって。。。。
ありえない~~~~~(ほっぺたおさえっ!)




それにしても・・・92歳・・・
ジンジャーロジャースおそるべし!

では最後に「蓮池」の「引き画像」をば~(広さが伝わらない!)
蓮池

楽しかった~~~~♪

♪久しぶりに「大学の先輩がたくさん!」という場所での演奏。
どきどきして伺ったわけですが。

いや~~~ほんとうに楽しかった~~~~~♪(これこれ)
先輩方。お疲れ様でした。
なんのお役にもたてない最下級生で申し訳なかったです(ぺこっ)
あっちこっちうろうろきょろきょろするばかりで。


「ほほぅ・・楽しそうで、なによりですっ(ぷんすか)」

空中まるくん

あ~ごめん!M氏よ。
そいへば
「今度こそ『携帯猫』希望です!」
image_20120723015317.jpg
と、眉間にシワ寄せてバッグの前で待機していたキミを
おきてけぼりしましたがぁ・・・(困)
やはり、コンサートに「猫の手」はいらないとおもふ・・うんうん。

さて、一日お留守番で少々ゴキゲンナナメなM氏はほうっておいてと。
昨日は、本当に楽しかったです。
久しぶりの「最下級生」気分の中、
練習室でリハしたり~
こちら、練習室からの景色。こちらのピアノ!
練習室ながら(古いY社製)善い響きでした。
NEC_1889.jpg

で、ここを通りまして~♪(練習室からホールへの抜け道)
屋上の中庭を通過するので、気分がいいのです♪

NEC_1890.jpg

スタッフさま方も楽しい方ばかり。
だからなのでしょうね。
この注意書きに噴出しました。
(しちゃいます・・・って・・・爆)

NEC_1884.jpg

バリトン某O先輩と、ヒロミ姫の件で盛り上がる!
なんと!Y高校ご出身!某K男先生の同級生だって(この世界ってせまい・・)

チェロの某先輩とは、笛吹童子&オーボエI夫人のことで盛り上がる。
だが、弦セクションの同級生・上級生をまったく覚えていず墓穴を掘る・・・
(そいへば・・弦セクションには伴奏に行かなかったのよね)

で・・・かんじんの
音夢鈴JAZZY初体験!でございますが・・
ど・・どうだったでせうね。(おろおろ)
自分としては、楽しかったんですが(←それでいいのか?笑)

そんな楽しい時間をくれた皆様はこちら♪

ウワサのミスターベースマンY氏~~♪
(♪ぱちぱちぱち・どんどん・ぱふぱふ)
NEC_1891.jpg

そして、おなじみの フルート井関るみ~♪
NEC_1892.jpg

どちらも舞台ソデの暗いところで撮影したので、ボケボケでごめん!

そしてこちらが、みなとみらい小ホール
舞台面から客席を撮影。

NEC_1886.jpg

こういうシューボックス型のホールって、私はとても和むのですよね。
大学のMホールがそうなので、「耳なつかしい」感じがするからかも。
大学ホールと違ってコンパクトだから、お客様の反応もぎゅぎゅっと近くて。
それも、とても楽しかった理由かもしれません。
御来場くださり、そしてこちらのブログを覗いてくださっている皆様。
お忙しい時間を割いてくださり、本当にありがとうございました。

こちらは終演後の音夢鈴と、自慢の元生徒ちゃん♪
大学がこちらということで、御家族皆様でいらして下さいました。
本当にありがとう!また遊びにおいで~~♪
NEC_1893.jpg

さて、最後になりましたが
当日、エンディングでみんなで合唱しました
「煌めく未来へ」(作曲:井関るみ 作詞:とぅるーぷ・ら・仏蘭西)
合唱譜を井関んちで一般発売するそうです。
ご興味持ってくださる方は、こちらへお願いいたします。
R-music インフォメーション

image_20120723113808.jpg

この曲の歌詞にもあるのですが
「それぞれの道をあゆんできた」先輩方が、
なお新しい分野や曲に挑戦されている姿に
とてもとても感動しました。
振り返って自分はどうなのさ・・
という反省もあり・・(ああぁあああ)
もちょっとがんばろう♪・・・うんうん。

これに懲りずに、また寄せていただけたらありがたいなぁ。
(と・・ここに、つぶやいておこう・・・・ことだま・ことだま♪)


音ヒッグズ粒子発見♪

♪音ヒッグズ粒子@音夢鈴 
無事、発見いたしました♪
(あらまぁ本番ギリギリ・・滝汗)

音ヒッグズ粒子発見に必要なのは「バクハツ」
そのためには、このあたりが「鍵」か?と。
もちろん、そのための助走はもっと前から。
ボリング

右decresc(デクレッシェンド:だんだん小さく)
左cresc(クレッシェンド:だんだん大きく)

・・・・なんという「無茶ぶり」でせう(苦笑)
左には二分音符2コしかないんですが。。
ピアノというのは、打弦楽器なので、弾いた後音を大きくするって、
「ほんとうの意味で(実際の音量で)」は無理。
だから、こゆこと書かれるた場合は、なかなかに小細工が。。。
「耳錯覚」をおこしていただくための「音魔法」を
あれこれ駆使せねばならないから、た~いへん!
・・・だったのです。独奏でひとりぼっちだったら。。ね?
(クラシックでも書いてあることあります。ピアノソロでも)

今回はミスターベースマンのおかげで
音に「ふるふるっ」と軽やかな羽根がつきます♪ 
おかげで魔法を使うことなく↑の関所を通りぬけ
Jazzyな世界に飛べるはず♪
フルートさん♪ がんばってついていくわ~~♪

えぇっ・・・と。
念のために申し上げますが
「音に羽根」です
音夢鈴に羽根・・・ではござらん。
(私が羽根しょって出るわけではなく(爆))

・・と、そんなリラックスした午後。
本日も少々肌寒い感じですね。
明日はまた夏日・・という予想。


ところで、M氏よ。。。
君はリラックスしすぎなんじゃ・・・
NEC_1879_20120721122716.jpg


では。明日♪

出会いをくれて、ここまでひっぱってくれたRumiちゃんに感謝♪

あ!そうそう!
耳錯覚については、このあたりに♪
(耳の錯覚:錯聴について)イリュージョンフォーラム 錯聴



音ヒッグス粒子発見待ち?!(笑)

★こちら・・・

一昨日、猛暑の昼下がりの銀猫氏でございます。

もうぐだぐだです・・・(あぁああ)

20120719224450.jpg

さて、そんな猛暑のある日、

都内某所にて、ラストリハーサル♪

こちら・・・・
リハーサルでお借りしたスタジオのぴあのちゃん。
ぴあのの「開き」・・・いやいやクールビズ使用(全部ウソです 爆)
NEC_1830.jpg

アプライトは背面のほうが響きが飛ぶんだけど
日本では、一般的に背面を壁に押し付けるので
響きをクリアにするには、前板をはずすのは正解!
いや~~でも、私は初めて見ました!
でもミスターベースマンは「よくやるよね。」と。
へぇええええええ・・・・(びっくり!)
(クラシックではアプライトで本番ということがほとんどないからね)

さて。前回の「課題」を考えるために
「自分の中のビート」を模索する旅を続けております。
そんなわけで、ゆーちゅぶの「なつかし動画」にはまってみたり。。。
たとえば、こんな。。。

今回の曲を初演(献呈されてる?)ランパルさんといへば
「おしゃれフルート」なおじさんとして耳に親しい♪
この曲のLP(CDにあらず!)を聴き倒したなぁ・・(遠い目)
笛吹童子の伴奏で「初プーランク体験」だったわぁ。


んで、今回のコンサートで演奏する「センチメンターレ」ですが。
ランパルさんは、実は基本あんまりクラシックからはなれていない気がする。
でも、作曲したボリング氏がジャスピアニストなんで
ピアノのほうは、むしろジャズ・テクニックになるのよね。。。(うむむ)
で、私に「カラダの中にあるビート」なんかあるかなぁ???と
おそるおそる記憶をさぐったら、この人に行きついた。

デューク・エリントン



どうやったら、ここに行きついたのかって?
ジャズ→なーちゃん→ジョイスシアター→リンダヘーパーマン→デュークエリントン
・・ね?(←ね?って・・爆 誰に同意を求めているのか?)

ところで、ボリング氏のピアノ・テクニークはこんな感じ。



でも・・
私の「アタマの中のビート」は、どうやらこのあたりにあるような。
ジャズ→ガーシュイン→ラプソディーインプルー

こちら敬愛するレニー(バーンスタイン)のガーシュィン


このピアノソロの部分、楽譜はレニー演奏の通り。
でも、ガーシュィン本人によるピアノロールの演奏では
ここが全部「バウンス」だったのよね。
これが、はじめての「楽譜と演奏が違う」体験だった記憶。


さてと。
「私の音」そのものは変わらない。
その姿のままでジャジーにはじけられるのか?
という「難問」を解くカギはこのあたりの記憶がたよりか?
あ・・・・もっとも
ここで言う「姿」とは「音の姿」のことで
こんな衣装は着ないし(いや着られないしっ!汗)
踊るわけでもありませんが(アタリマエだ)

最初見たときは、か~な~り~驚いた記憶が。。
マリア&メリーポピンズだったジュリーアンドリュースがぁっ!
こ・・これは!・・・うわわわ!とね。

ヴィクターヴィクトリアから「ジャズホット」



さてと、本日は昨日より10度以上気温が下がりました。
涼しい・・・・を通り越して肌寒い感じ。
そんなわけで、少しでも温かい空気を求めて?
本日の銀猫氏はこちら。ぴあのちゃんの上のいつもの場所です。

NEC_1880.jpg

さてとM氏よ。。。。
お休み中、失礼♪
ちょっとモノをお尋ねしますが。。。

↑で、私の「ジャズ素粒子」はあらかた発見されたと思うの。
でも、それをとりまとめるヒッグス粒子が、みあたらないんだが
そのあたりに落ちていませんか?

・・・・・さぁね。ここらでは見かけませんな。
・・・・・音関係の「つぶつぶ」たちなら、誰にしたって白黒鍵盤の中なんじゃないの?

ご名答。

ま・・・とにかく「弾けっ!」ってことですかね。


では皆様、今度の日曜の夜は、「みなとみらい」にて。。
音夢鈴の「音素粒子」各種取り揃えてお待ちしております。

あ・・そうそう!ヒッグス粒子についてはこのあたりに
おこちゃま向けなので、理系苦手!な音夢鈴仕様でございます。
ヒッグス粒子@キッズサイエンティスト

自然ーふとー

♪音夢鈴の日常。

ごく普通の日常。。。。。。

ま・・ね・・。
どのあたりが「普通」かって、すごくムツカシイわけですが
ある日の日記をめずらしくも時系列で書き出してみました。
えぇですから、めずらしくも「ちゃんと日記」なのです。

結論から言っちゃうと
「おうたのみなおし」と「ジャジーな曲の練習」をしていた日
されど家事はいつも通りてんこ盛り!という日の日記。です。
(あら簡単♪)

さてと。そんな簡単な一日なのに
脳内事情を付記すると、なんでこんなことに?(爆)
という「鍵盤屋日常」は、以下でございます。
長い・・です(汗)
どうぞお時間のあるときにお付き合いくださいませ。



さてと。
たぶん・・・
その日のお話が転がりだした発端というのは
このあたりかと。。。
お友達が鎌倉で「音夢鈴(本名)さんにぴったり~~~♪」と思ったので♪と
お誕生日にくださった、こちらのブックカバー♪

なおちゃんの

で・・このブックカバーに似合う本はないかなぁと(本末転倒?)
「ふと」手にとったのが、こちらの「心より心に伝ふる花」
もちろん、家の本棚にあったのだから「再読」です。

心より心に伝ふる花

早世された天才能楽師、観世さんの「花」論を読むうちに。
タイトルの言葉に出会ったのは電車の中
それはこの「鍵盤屋日記の日」の前日の帰り道。

「自然」という言葉は中世において「ふと」と読むのが普通であり
その「自然(ふと)」には偶然と必然が含まれるのが普通であった



再読で「出会った」という言い方はおかしいかもしれないけれど、
前に読んだときには気にならなかったのだから、
たしかに「今、出会った」という気分。

じゃあそんなわたしの「いま」って?
と考える人になるin朝食準備の御台所
(えぇ我が家はキッチンじゃなくって御台所っ!)

そこから先はありとあらゆる「自然(ふと)」に取りつかれる
なかなかおもしろい(でもすごく普通な)一日となりました。

ジャジーな妖精さんの御降臨を願い(もはやカミダノミ?笑)
なんでも「ジャズ」って書いてあると気になる。。
それにしてもこれはどうなの?と苦笑する冷蔵庫前@朝食お片付け中。

「ジャズ(りんご)fromニュージーランド」
NEC_1820.jpg

この「売れ残りのちんまりしたりんご」を手にして
「それは君への投資だ」
と、つぶやいたり(なんのことだ?笑)しつつ階段を上る。
そんな粋なダンディーが生息していた時代に思いをはせ
歌ってみる。

♪As time goes by~

ついでに「サム・・・あの曲を弾いてくれ・・」
と台詞まで脳内再生するベランダの上@お洗濯干し(滝汗)


NEC_1821.jpg

そのままあれこれ脳内再生しながらお庭掃除
ついでにご近所をお散歩♪(一歩二歩散歩くらいの距離♪)
推定身長170㎝のカサブランカに出会う@元生徒ちゃん宅の庭

これは偶然?必然?

NEC_1810.jpg

二回目のお洗濯(おしゃれ着洗いなんかの・・ね)完了。
再びお洗濯干して階下に戻ってPCちゃんにて
「ジャズ リズム」と検索してみる@お茶の時間。

すると
・・・・バウンス
という言葉にたどりつく。
(気になる方は「バウンス ジャズ」でご検索くださいまし)

NEC_1811.jpg

「そうか!」とお膝ぽんっ!
スィング=バウンスね!
そうか!そうだった~~~♪

と白黒鍵盤の前@10時半くらい?

だがそこで、またまた脳みそが転がりだす(軽い脳みそやなぁ)

じゃぁ・・じゃあバウンスって・・・
「やまとこくみん」にとっての「ぴょんこ節」みたいなもんじゃないの!」

と・・・ふと(自然?必然?偶然?)思いつく。。。。。

そんなわけで、書きかけの楽譜を全部消して
すべてを「ぴょんこ節御用達」の簡易楽譜に書きなおす。

♪せっせっせのよいよいよい・・
 むかしむかしうらしまは・・
↑を全部「タカタカタカタカ」と8分♪で歌う人はいない。
でも、楽譜のほうときたら、実は四分音符や8分音符で書いたりした。
「あとは歌いたいように『言葉をはめて』ね」と。

で・・後に「ちゃんと」付点リズムで書かれるわけだけれど
実は付点リズムは「たんた・たんた」ではイケナイのである。
16分音符三つ分を「ためて」残りの1つ分が追いかける。
「たぁんった・たぁんった」が「正しい付点」のリズム。

でもね。(こっそり)
クラシックの曲ですら、付点を楽譜どおりに歌ったり弾いたりできる日本人って
実はすごく少ない。それは全然「自然に」そういう風にはならないから。
そして実は「自作自演」の録音が残っている作曲家だと、
ご本人だって、機械的な意味での「付点」でなくバウンスしてることも多い。
だってそうなっちゃうんだから、仕方がない。
それが「共通理解」なら、実はそれでいいのだと思う。
ある意味それは、楽譜という「書物」の限界なのかもしれない。

リズムはうた うたはリズム
そんな場所にふさわしい音楽なら、それでいいのだ。きっと。
こどもの世界は、実はそんなリズムに一番近い場所なのかもしれない。

とまぁ・・。
そんなわけで。。(だからどんなわけで?笑)
突如かりかりかりり・・と楽譜書きをする午前11時。
でも、私のことだから、時間をおくと
「あ・・でも・・だめかも・・」と思いだすに決まってる。
なので、とっとと楽譜だけを送ってしまう!
えい!(←なにごとも気合だっ!?)

なんだかきれいな「水玉」がひとつ収穫できた気分@昼食準備の御台所
(ひとときの自己満足~~♪)

NEC_1812.jpg

さて、昼食片づけ後。

「お膝ぽん!」したままほうっておいた(こらっ!)
ジャジーな物件に取り掛かる@昼下がり。

温厚なミスターベースマンの御言葉を思い出す。

「誰かに合わせるんじゃないんだよね」
「それぞれが自分のビートを刻むんだよ。」
「自分でビートを出して、その重なるのを楽しむわけだ」


「合わせる」という大義名分のもと、
他の人の創られたリズムに頼り切っていた自分を反省!
ただ、反省しても理解しても「出来る」こととは別!
これはもう、体にたたきこむしかないっ!
こちらは名演奏家を「まねる」ことから始めてみよう。
幼子がそうするように。
無心にまねてみよう。

まったく別な世界の二つに
「自然(ふと)そうなるからこうなのだ」と
それだけで生まれた音楽がある。
そこには「音に遊ぶ」という基本があるように思う。
なんだかとても新鮮な気分。
新鮮だけどなつかしい気分。

そこまできて、また「ふと」に取りつかれる。

・・・・その気分って、この琥珀色の小瓶みたい・・・

どぅ~だどぅ~だ・でぃばた・でぃばだ

ゆれる・ゆれる・・琥珀色の想い出。。。
きらきら光る想い出を閉じ込めて

こちらは
やはり、お友達にいただいた「ハチミツの小瓶」。

「YUME(夢)」という名前。

夢

琥珀色の夢。。。。
中にある琥珀色の泡(うたかた)の中に
バウンスしている「うた」が隠れていたらしい。
心と体がいっしょに歌いだす。

午後いっぱい、スィングした気分でこなす家事業務(暑いよ~~)

で、バウンスしながらキャベツを刻む@夕食準備の御台所

さてと。
御夕飯と居酒屋業務と・・・
まぁとにかくすべてが終わったら
また白黒鍵盤の前にもどる。

まずは「るんたるんたたったた~」と
「おうた@手遊び編」の動画録画
こどもといっしょにいるように歌えたらいいなぁと願いつつ。
いくら「お試し」とはいえ、一発録画・・・だいじょうぶか?(汗)
そしてPCでレンダリング。

レンダリング中にジャジーな物件に取り組む。


♪う~たる~だ・る~でぃる~だ・でぃばらば~

だだだ
だ~から・こんなふぅ~に・弾ければ~
だばた
きっと・楽しい~んじゃ・ないかにゃぁ♪
だどぅだ♪だ~~♪


おやぁ?なにかつかめ・・つかみ・・
・・つかむ・・つかめば・・つかめ!
(がんばれ!がんばれ!小さなキツネ←あれ?笑)

レンダリング終了~♪
音源動画送付~~~・・・・あれ?
いや~~ん(滝汗!)
レンダリング途中で切れていたらしい!(ひぇええええ)
あわててレンダリングし直して
再送付!えい!(←だからなんの気合なのか?笑)

あとは・・・ご感想・ご意見を待つばかり・・・

だ・・だ・・大丈夫・・かな?
でも、もう送っちゃったし・・ねぇ。。
だ・・・だめかも?(ああぁああああ←アタマかかえ)
でも今のせいいっぱいが「あれ」だから仕方ない。。ね。。

ではでは、再び

♪だから・でぃ~だどぅ~だ・でぃでぃ~
 そして・どぅ~でぃどぅ~ば・だだ~
 そんな一日~が終わる~る・るるる・どぅわ~♪

そんな真夜中の音の棲む場所@アラビアンアイトなお茶すすり・・

・・・と・・まぁそんな音夢鈴の日常。
・・・え?妄想日記?(おろっ)

・・・・
・・・・
そうかも・・・(←否定できない人 笑)


ではではこれにて!
「音夢鈴の普通日記@時系列ぴったり」
でございました(真顔)
長々とここまでお付き合い下さった方。
ありがとうございました!


♪どぅわ~~~~~♪

銀猫通信!?

あ・・・

どうも・・みなさん(ぺこり)

銀猫M氏でございます。

こちらは小生の「自分撮り」であります。

てへっ。


NEC_1816.jpg

(これこれ!嘘ついちゃいけません!)

今日は「最近のご近所猫事情」について

・・・・打ち明けるよ・・・(皇太子ルドルフきどり)

この頃、ご近所に
「のらさん」「のらちゃん」「のらりん」「のらくん「のらどの」
といった具合で・・・あ!お名前は仮名となっておりますよ。
推定5猫(にん)のご近所さんができたらしいんですよね。
ま・・ね・・のんびりした土地柄ですから
「かわいいから、いいかな~♪」
という具合で、そのままほうっておかれてるらしいんです。
ま、そんなわけでみんなのんびり、大胆不敵。
特に、元気者の2~3猫(にん)がねぇ。
音の棲む場所駐車場にしばしば御来訪なんだな、これが・・(困)

今日も今日とて、のぞいてみたれば・・だ。

NEC_1738.jpg

ほらね。。。。

なんだよぅ。。。おまえさぁ・・。
まるで「我が家」のようなくつろぎっぷりじゃないか(ぷんぷん)

NEC_1739.jpg

(かわいいねぇ。。ちっちゃいねぇ。。←のんきな鍵盤屋発言)

な。。。なんだよっ!なんだよっ!
おい!おまえ!
こ・・・ここはボクんちなんだからなっ!
ぜぇったい、ボクんちなんだからなっ!
おまえなんか、いれてやんないからなっ!

(・・・・と、言いつつおしっぽがまるまるん・・・)
(しかもずりずりと後退していっているのはなぜだ? 笑)

(あぁあ、口だけの小心者M氏!キミの明日はどっちだ。。)


ところで、↑で問題発言をした鍵盤屋は
今日もなにやら白黒鍵盤の前でうめいておりまする。

ジャジーななんとかっ・・とか

ボッサななんとかっ・・とかとか・・

コンパクトにまとめて印象的に・・とかとかとか・・

ちっこい楽譜でかわいくまとめてっ・・・とかとかとかとか・・

で、そういいながらも食べることは忘れないんだな。これが。

♪おやつ~~おやつ~
♪べとなむおやつ~~♪
♪あ~まいおやつ~ おいしいな~♪

とうたいながら、こちらを食しまして。
image_20120710133204.jpg


「いったいなにをやっているのさ」

と、聴いたら、

このお写真をぽいっと残して去りました。

こちらです。

NEC_1793.jpg


「くちなし」

・・・あ・・さよか
(なんだよぅ・・小生にもないしょかぁ・・ぷつぷつ)


じゃあしかたがないから、銀猫通信もこのあたりにて

本日は銀猫M氏が、「銀猫専用マウス」を操ってお届けいたしました。

(だから嘘ついちゃいけませんったら!)

銀猫薔薇と

ニッポンの夏

☆ニッポンの夏・・・。

☆銀猫の夏・・・・・。


こちら白黒鍵盤からの景色でございます。

七夕の今日。
銀猫氏の「御昼寝@テーブルの上」解禁な模様。

NEC_1805.jpg

・・・それがなにか問題でも?・・(眉間にシワ)

NEC_1807.jpg

いえいえ、めっそうもござらん。

どうぞご自由におくつろぎください。

それにしてもいやはや・・

大きい・・というより「長い」なぁ・・

でろでろでろ~~ん
NEC_1808.jpg

「ものさし」での計測ですのでざっくりですが
おしっぽだけで30㎝あるのね。M氏よ。。。

さて、銀猫氏のように、テーブルの上で御昼寝するわけにもいかず。
さりとて、湿度70%超えという「ねっちょり感」は払しょくできず。

というわけで、先日ブログ&ピアノお友達from越南よりいただいた
こちらにて「涼」を演出してみたり♪

OKOちゃぁん~~~(お手々振り振り~~)お元気ですかぁ??
image_20120707161134.jpg
いただいたものは、なかの「つぶつぶつぶ」でございます。
品名「バジルシード」つまり「バジル(紫蘇)の種」
それをお水につけてしばらく置いておくと、
このような「ぷちぷちつぶつぶ」に大変身~♪

で、本日はこれをちょいと和風仕立てにて「梅くずきり」に入れました。
ぷちぷちの食感が楽しく、ほっと一息~~♪
しかも・・・ダイエットにも良いらしい(激しく期待!)
他にも、いただいたものたくさん♪
順次楽しくいただきます♪ ほんとうにありがとう!

さて。OKOちゃんとは白黒鍵盤がつないだ御縁。
せんだって都内某所の地下アジト(←これこれ人聞きの悪い!)にて
ベーゼンちゃん弾きながらあれこれ遊んでいただきました。
楽しい時間をありがとう~~♪

また次のご帰国の折には、ぜひ御声をかけてくださいね~♪

さてさて、本日は七夕。ということで

当地近隣が「かくれ里」であることの証となりそうな
いにしへよりの風習なぞ御紹介。

とはいえ、いまだ伝承しているのは「盆地」のあたりでございますが。

星神さまへの捧げもの
七夕人形でございます。


創り方はこんな感じ。
折姫は赤と白、ひこぼしは紫と白の和紙をこのように
(点線はたたんで、実線は切って)


yamanasi-zu04.jpg

すると↓のような形になりますから、
さらに脇を番号順にちょきちょきちょき

yamanasi-zu07.jpg
すると、こんな「七夕人形(ひとがた)」の出来上がり♪

yamanasi-zu08.jpg

この「七夕人形」
もちろん!本日(というより旧暦8月7日のほうが普通かな)に
若笹をたてて、ほかの御飾とともにに飾りますが
盆地地方の旧家では、これを「七夕」と書いた和紙にくるんで
箪笥の奥深くしまい「家守」として「お留守番」として
長く御勤めしてくださるのだそうな。いやはや御苦労さま。

で、本日はその「盆地地方」より
めずらしい「夏野菜」を届けていただきました。
翡翠茄子&長茄子 胡瓜はとくに御説明がなかったのですが
なぜか??トゲがまったくないつるっつるのお肌・・不思議・・。

image_20120707125443.jpg

ではでは、最後となりましたが
七夕だというのに雨模様の当地より、
麗しきJAPANと、それを表現する「音」の動画をば。
Kodo(鼓童)の夏@2008です

この音が風にのり海をこえて
また、はるか天上にまでのぼって
美しい故郷を思う人
やまとこくを懐かしむ人々にとどきますように。



文月がどんどん進んでいく・・葉月の計画を急がねばっ!

水無月の名残コレクション

♪ A pretty girl is like a melody~~♪

おぉっと・・アブナイ アブナイ
水無月の空には
うっかりすると
想い出の世界に引きずり込む力があるようです。

そんな水無月のあじさいをおさらい♪
ひとところに集められた花々でなく
あちこちで「おかれた場所に咲く」花々を集めた
♪音夢鈴2012年これくしょん♪ でございます。
(なぁんてね。ただお散歩中にあちこちでお写真を撮っただけです・・あはは)

こちら月カフェ前の純白のまんまるさん♪
(紫陽花じゃなくって、なにか名前があるのよね・・・なんでしたっけ?←誰に聞いている)

追記:アナベルさん・・というお名前だそうです。閑猫せんせありがとうございます!
NEC_1760.jpg

そしてこちらは、ぴんくちゃん♪
なんとも鮮やかな♪
はなびら・・・じゃなくって「がく」でしたっけ。
ちいさなフリル付きでなかなかにおしゃれさん♪

NEC_1772.jpg

こちらはゆかしき紫の花♪
たおやかな雰囲気が素敵です。

NEC_1779.jpg

紫陽花の見つめる先
水無月の泣きだしそうな空
そろそろ帰ったほうがいいかにゃ・・・。

NEC_1780.jpg

などと急ぐ帰り道
それでも足を止めてしまう(あらら)
こちらも愛らしいぴんくちゃん♪
センターが紫なのが、なかなかになまめかしい。

ajisai.jpg

そしてやっと、帰り道。
またしても口ずさむは

♪ A pretty girl is like a melody~~♪

いやはや、耳に残る、このメロディー
DVD掲載不可ということで
失われし楽の音のよすがに
こんなものひろってみました。
(こーゆーときは著作権なんて大嫌いだ!と思ふ・・しくしく)



す。。。。すごすぎる。。。。

このボン(回り舞台)電動だらうか・・(←夢がなさすぎな発言)
この舞台 1939年のだそうな。
じーぐふぇるどさん おそるべし。。。

さてと、音楽に合わせて
アタマに厚いご本をのっけて歩きませうかね(やめなさい!


ではでは
♪2012年水無月のおさらい♪
これにて幕とさせていただきます。

おそまつさまでございました~~~♪



おぉっと・・
以下にちょっぴり「おまけ」がございます。


あ・・でもでも
「虫全般がキライ!」という方は
ここからお進みになりませんように。

虫愛ずる音夢鈴さんとしては
かわいい~~~と思うわけですが。
すこしスクロールしないと見えないように
「場所かせぎ」をいたしまして・・と。


・・・もすこしスクロールしてね。



・・・もすこし



・・・・もういいかい?




・・・・もういいよ・・




ではでは・・・・

生まれたてのバッタくん@白い紫陽花 です


コンニチハ


ボク7月2日生まれ、体長5mmです♪

花6月の

新しい命芽生える夏。
4日も終わるこの時間になって、やっと「葉月」を自覚したり(遅いっ!)

そらのまつり

文月ついたち 本日より
旧暦七夕(8月7日)まで
こちらのテンプレートをお借りしたく思います。

五色のたんざく

わたしが 書いた

おほしさま きらきら

そらから 見てる。



小雨降る宵に

そらのまつりに思いをはせて

模様替えでございます。

夢の跡

♪Dear Scott

時計の針は 前へ前へと進み
 
 残された時間は あとわずか



My dear

and my dearest
 Friends of the confidant

すべての皆様にとって

今日が善き日でありますように。

乾きをいやす水のように
特別じゃなくても必要な存在
おはな

おかれた場所で懸命に咲く花のように
命のきらめきをのこして

NEC_1759.jpg

それぞれの胸に
未来への希望を残して
NEC_1755.jpg

善き人との出会い

善き時代の想い出


祝 大千秋楽。。。。

NEC_1744.jpg

No man is an island,
entire of itself;
every man is a piece of the continent,
a part of the main.



そう。人はだれひとり「孤島」じゃない
みんな大きな大陸の一部。

此処からひとりで
歩み始める人のために

♪Dear Scott
もう一度 君のため
The last party for you

いつもより1秒だけ長い特別な日 2012年7月1日に。
くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
06 | 2012/07 [GO]| 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR