fc2ブログ

後報告・お詫び・御礼・そして

公演2週間前、怒涛の最終打ち合わせをしていました。
美人大好きの銀猫M氏は、数日おきにあえる姫に大喜び♪
「どこから出してるんだ?」というような甘え声とともに
ヒロミ姫を最前列でご鑑賞。。

image_20131126204137c2a.jpg
(これこれ・・楽譜に乗ってはいけません!)
だあって・・・なでなでしてもらってるし(得意満面っ!♪)

そうはいってもすこし下がりなされっ!!
というわけで。
ひろみちゃん
すこしばかり「遠慮」というものを覚えたM氏の見守る中
順調に打ち合わせは進み、
あとは「詰めるだけ。。」といった、ある日のこと。

耐えがたい腹痛で緊急入院。。。という失態を起こしました。
半世紀近い「ぴあの人生」初の出来事。
なんというタイミングの悪さ。。。

面目なさすぎ。。

そんなダメダメ鍵盤屋を救ってくれた美しきヒロインをご紹介しませう。
当日の「鍵盤奏者」役を、たったの1週間前に快く引き受けてくださった
甲府市のピアニスト 高田圭ちゃんです♪(←「ちゃん付け」でごめん!いつまでも若いんだもの。。。)
ヒロミちゃんけいちゃん

↑のように、ゴージャスな美女御二人によって、
「うたがたりアンデルセンーおはなしを歌のつばさにのせてー」
公演は、無事終了の運びとなりました。

45分近い作品。曲数15曲(しかも無名曲多し。。)
歌・語り・音楽がからまりまくっている作品。
しかも、今回すべてが「緊急」であったために
「人さまにお渡しする楽譜・脚本」になっていない状態。。。
そこからは、お二人それぞれに
1回ずつだけのお電話と、数本のメールのみ。。
という困ったちゃんな対応しかできず。。

そんな状態から当日の公演まで走り抜けていただけたのは
いつも最大の理解者であり、表現者であるヒロミちゃんと
さまざまな分野で「おとづくり」にかかわっている圭ちゃんだからこそ。。。と
ほんとうにほんとうに、感謝しております。

圭ちゃん!
次には、圭ちゃんのための脚本! きっと書くからね!

ヒロミちゃん!
この失態は、必ずなにかの形でお返しするので!!!


御蔭で、主催者さまにご迷惑をかけずにすみましたし
こどもたちを、がっかりさせずにすみました。
御二人とも、本当に本当にありがとう!

さて、そんなダメダメ状態だったにもかかわりませず。
音夢鈴は「プログラム」にちゃっかり参加しておりました。
こんな形で。。
2013年プログラム音夢鈴プロフィール

こんなことができたのも、担当のO様の御蔭です。
ご心配・ご迷惑をおかけしたにもかかわらず、ご連絡くださり
さまざまな温かいご配慮をいただきました。
本当に本当に、ありがとうございました。

そうそう。。
音夢鈴公式イラストを書いてくださった「おはうさたん」さまぁ!!
そんなわけで、お知らせ出来ずにおりましたが、
こんな形で使わせていただきました。ありがとうございました。

~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~

さて。。。
ここからは「製作秘話」とでも申しましょうか。
「伝えたかったこと」とでも申しましょうか。。。。。

実は今回の公演。
お話をいただく前、企画段階[8月~9月)では
「雪の女王」をモチーフにしぼって脚本を書いておりました。
ところが「12月クリスマス公演での上演を」と
お話をいただいた時点(11月)には、
某巨大アミューズメントパークを擁するD社が
来年封切りの映画として「雪の女王」を発表済み。。。

あいかわらず「なりゆきわかりすぎ」な予告編を見て
「うわ。。。おそらく大団円がまるかぶりになる。。。」
もちろん、先に書きあげたものですが。。なんとも。。ねぇ?

というわけで、すべてを「無し!」として
再度資料を読みこみ、書きなおし作業。

選曲していた30曲を取捨選択し、さらに別の曲をさぐり。。
「音の棲む場所図書館」所蔵のアンデルセン絵本をあさり。。

そんな中で、ふと浮かんだ「オープニング」のフレーズ。
それは「狩りの歌」(無言歌集)のファンファーレとともに
転がり出るように「やってきて」くれました。

みなさん、こんにちは!「うたがたり」のせかいへ、ようこそ♪
きょうのおはなしは、ものがたりのおうさまと、おんがくかのものがたり。
さあ、どんなひとたちがでてくるのかな?
まずは、おはなしのとうじょうじんぶつをご紹介しましょう。
主人公は、ハンス・クリスチャン・アンデルセン。

みんながよくしっているおはなしを、たくさんつくったひとです。
そして、さっきょくかの、フェリックス・メンデルスゾーン。
このひとのおんがくも、きっとしっているものがあるはずよ。
そして、うつくしい歌姫 ジェニーリンド
いったい、このさんにんは、どうやって出会ったのでしょう。
そして、どんなおはなしをしたのでしょう。
これからはじまる、うたがたりは、
ハンス・フェリックス・ジェニーが、はじめてであったときのものがたり
おはなしのとちゅうには、みんなのよくしっている
アンデルセンの絵本も、たくさん登場しますよ。

さあ、それでは、200年前のヨーロッパへ、
おんがくの翼にのって、でかけましょう。
それでは「うたがたりアンデルセン」はじまり、はじまり~♪


自分で書いたことですけれど
このフレーズが浮かんだことによって
「こどもたちに伝えたいこと」がとてもはっきりしてきました。

だれかに出会うこと。
そして、そのだれかと、いろいろな「おはなし」をすること。

それは、ほんの一言二言かもしれない。
お互いの想いを、相手に伝えきれたかどうか
そんなことは、きっとお互いにわからない。

出会った瞬間に「すばらしい時間だった!」
と思えることも、たくさんあるでしょうが
その時はうっかりと「サイアクの出会いだ!」
と思ってしまうようなことだって、たくさんあるでしょう。

でも「出会ったこと」という素晴らしい「事実」は
そこから、それぞれの未来に、どれほどの影響するのか
それぞれの「その後」がどのように広がっていくのか。
そのことなら、私にも書ける。と思いました。
なぜなら、そのことなら、
私も、とてもよく知っている!と思ったからです。

いままでの「出会い」に感謝を。
そこからの「これまで」に感謝を。
そして、そこからはじまる「これから」に光を!

そのことなら、
きっとこどもたちに伝えられる。
そう思ったのでした。

こうしてようやく形をみせた「うたがたり」は
その後はトントンと転がり出してくれて
2日ほどで、選曲&歌詞入れ、脚本まで完了。
ようやくヒロミ姫との打ち合わせにこぎつけ。。。。
といった怒涛の日々での、大きな失態でした。

いやはや。。

重ねますが。。。

ほんとうに面目ない。。。。

なにしろ、いいかげん「おからだおだいじ」な年齢でございます。
今後は、さらにさらに。。。よくよくと注意したいと存じます。

・・・・えぇ。。。なるべく。。。注意しつつ。。。

ね?・・・えーっと。。。

はい。打ち明けますと。。病室にPCとミニコルグ持ち込んでいた
「不良患者」は私です(あはっ)

で・・ミニコルグを弾いておりましたら。

「それって、外に音出ますか?」とおっしゃる看護師さん♪

「はい。。出ますよ。」

「あ・・じゃ・・病棟の食堂でクリスマスコンサートなんてお願いできます?」

「へ?・・・・・」

というわけで、病棟食堂にて数十名さまご観覧のもと
クリスマスコンサートしました。
「クリスマスのかね」「あなたがだいすき」をふくむ全7曲。

そんなわけで、いまでも病棟食堂の図書コーナーには
ちゃっかりと「あなたがだいすき」がございます♪
NEC_3135.jpg

デジピくんだし、2週間もまともに鍵盤にさわってないし。。。
どうしようかな?と思ったのですが、1曲だけクラシックを。
ショパンノクターン 9-2

そしたらね。小学生の女の子が「来年の発表会で弾きたい!」って。
そういう風におっしゃっていただけると、鍵盤屋としては実に。。。

うふふふふふふふ~~~~~(←音夢鈴さん怖いですからっ)

「あなたがだいすき」は看護師さま各位より
「いいうたですねぇ~~♪」とおっしゃっていただき。
これまた「おうたつくり」としては、実に実に。。。

う~~ふ~~ふ~~~ふ~~~~~ふ~~~~(←だから怖いってば!)

こうして、あれやこれや、すったもんだ。。。
さまざまな方々のサポートをたくさんいただいて
昨日、ようやく音の棲む場所へ帰ってまいりました。
なにしろ
プロフィールにありますとおり
いろいろな「おしごと」をしておりますが
実体は「銀猫同居人」でありますゆえ
これでやっと、本来の姿にもどりました。
NEC_3137.jpg

ご心配・ご迷惑をおかけしました皆様
ほんとうに申し訳ありませんでした。

いつも以上に「ゆるゆる・まったり・ひっそり」と
「ふゆごもり」させていただきます。

とはいえ、ある意味では「ひまです♪」ということですので
おしゃべり・ご質問大歓迎でございます。
WEB上では、あれこれ遊んでいただけるとうれしいです♪

ではでは。。ご報告・お詫び・御礼でございました。

最後になりますが、身内バナシで失礼します。
動画制作・当日のPC操作をはじめ、あらゆる家事全般をおしつけちゃった漢方娘のTamaさん!
21日当日の楽器搬入&セッティングに加え、院内コンサートで再び同様の御苦労をさせちゃった相方さん!
二人とも、ほんとうにあれこれいろいろと、ごめんね。 御世話になりました。
スポンサーサイト



ことばのちから

image_2013112111252717e.jpg
エンデの死後にまとめられた
いくつかの「拾遺集」の中でも
もっとも最後に編まれた本。
「だれでもない庭」

いつか・・いつか・・と思って

でも、あんまり「いつか」にしておくと
その「いつか」を忘れてしまいそうだから
いま読もうと決心して数カ月。

おそらく
「本の虫人生」初では?
というくらい
ひどく不器用な読み方で
ちまちま、ちまちまと
いったりきたりしながら
えっちらおっちらと
読んでいます。(現在進行形)

この本の中で
「あ」と思ったことは
とっても沢山あるのですが。
なかでも、これ。

この「ことばたち」のページの上で
「本の虫」は止まったきり。

はじめて出会った
「ことばたち」
でも、ずいぶんまえから
知っていたような気もする。

心のなかに靜かにつもっていた
形にならなかった「思い」に
ぴたりとあう「ことば」を
見つけてもらったような。

光を変える
       ミヒャエル・エンデ

あなたの芸術を邪魔するものを
あなたの芸術のテーマにするんだ
あなたを善き者にさせないものを
あなたの善意の対象にしよう
あなたに認識させないものを
あなたの思考の基礎にしよう
あなたに意識させないものを
あなたの注意の中心にしよう
あなたから生をうばうものを
あなたの生のなかみにしよう


この「あなた」とは
実は他の人じゃなくて、エンデ自身なのでは?
と、思う。なんとなく・・・・だけどそう思う。

「じぶん」ってむずかしい。
そのむずかしい「じぶん」を
かえることなんて
さらにむずかしい。

「切る角度」を変えなければ
どんなに小さくなっても
「じぶんはじぶん」
「白菜は白菜」
ほらね。
ちんまり手のひらサイズ
それでも
「白菜は白菜」
image_20131120040606302.jpg

こうして、
ふとつかまってしまった「思い」は
「まさしく!」ということばを得たせいか
あれこれと忙しくめぐろうとしてしまって
どうにも気ぜわしい。

だから         
こうして「台所」という
現実に移り住むことで
はっきりとさせずにとどめようと思う。
なぜか、そうしたほうがいいと思う。

ぐるぐると、考えがめぐっているうちは
おそらく、まだなにか迷いがあるのだろう
それなら
いまは、ただうっすらと感じることだけに
とどめておこう。。

「あ」と思った勢いで
無理に切り口をかえても

おそらく・・
だけど

ほんとうの意味を
理解することなど
できないだろう


それでも。ね。
「いま」
出会えてよかった。

秋のなごり、冬のはじまり
空は青く 木々はまだ紅く
NEC_3095.jpg

もうすぐ
ほんとうの冬が来れば
強い風が
「いまのあたりまえ」をなぎたおして
秋の気配など、あとかたもなくなる。
でも、それは決して
「なかった」ことじゃないね。
そして、たぶん
「おわること」でもないね。

うっすらとでも
「いま」
気が付けて良かった。

さて。
では、せっかくの「気付き」が
「虚無」にやられる前に
すこしでも先に進もう。

どこへ?

結局のところ
いつもと同じ
白黒鍵盤の前へ

永遠に限界だらけで
常に「つくろい」が必要な場所。

でも
そこだけが
そここそが
「私の庭」

ちんまり鍵盤屋が
ちまちま・ちまちまと
「おとことば」を紡ぐ場所

smile♪
ほほえみとともに。ね?


In der Fremde(異郷にて)

おくるみ♪くるみ~♪
くるくる♪くるみ~♪

とか、歌いながら「おくるみ猫」にするのは
いいかげんに、やめてください(ぶっす。。)
小生こう見えて、本日近辺(保護猫シティボーイなので不明)生まれ
ついに、7歳(人間だと44歳 立派なおっさん)なんですからっ!
NEC_3079.jpg

あ~~かわいくない!
むかしはかわいかったのに(しくしく)

銀猫氏の「むかし」はこちら↓↓

ここ、どこ?

ブクロのシティ・ボーイ(池袋の保護猫)であった銀猫氏。
こんな山里につれてこられて、さぞ「異郷感」たっぷりだったことでしょう。
7歳になるまで、健康でつつがなく「同居猫」でいてくれてありがとう♪
君のおかげで・・・実に・・・(くふふ)・・和みますです。(うふ♪)


さてさて。
ねむりんのほうは「おんがくおくるみ」になって弾き籠りしておりますが
いまさらながら、「西欧の(しかも都市部在住)方の思う「異郷」って??」
という問いが、脳内をうずまいておりまする(ぐるぐるぐる~~♪)

というわけで、まずは「ヴァンデルン(山歩き)」といへば。
ということで、本公演中、重要な役割をはたす、フェリックスの絵画のイメージより
スイスへと脳内旅行@ゆーちゅぶ♪ をば試みてみましたん♪

そしたら。。。あらま!お宝映像が♪

サウンド・オヴ・ミュージックのモデルとなった
トラップファミリ^シンガーズによる歌唱&演奏♪
ホンモノです♪


演奏楽器も、とてもとてもとてもとてもとても興味深い!!!!!!
(フェリックス的にも!ヴォルフィー的にも!←まだちっこいヴォルフィーをつれてるらしい人)

ところで、もうちょっとお年を召してらっしゃいますが
これも楽しい映像♪
マリアとマリア♪あなたがわたしで、わたしがあなた♪(←ややこしや~♪)


ヨーデルがね~♪ ちょっとね~~~♪
と「ほんもののマリア」さんがおっしゃっているのは
きっと「ひとりぼっちの羊飼い」のことかな?
↑のTVショー?は当然映画より後の収録と思われますが
こちらの動画も、映画以降。。という理由もあるでしょうが
こっちの歌い方のほうが好きかも~♪(なにより楽しい♪)


ところで、ワタクシゴトではございますが
少々「いまさら」な懺悔をば。。。。
この曲はじめ、サウンドオブミュージックメドレーを
突然盛り上がッちゃったから♪というだけの理由で
アカペラで列になってハモりたおした。。という。。
「ハタ迷惑な女子大生たち@長野千畳敷カール♪」
それは、ウチの同期たち(含む私♪)でごじゃいます。
(しかも全員ピアノ科、山にあるまじき軽装・・・・・若気の至り~~~♪♪♪)

さらにさらに、ワタクシゴトですが
小学校合唱部時代♪(ええ・・っとさらにすごい昔です 爆)
人生「初ヨーデル」体験は、ウィーン少年合唱団ソリストによる
「ヨハン大公のヨーデル」でした。

で・・・うわわぁ!「耳記憶」によると、まさしくこの声!
(添えられた画像は???ですが・・・ほほほほほ♪)


で・・これを、「ホンモノ」のヨーデル歌手さんが歌うと?
というのが、こちら♪


う~~む。
フェリックス的にもヴォルフィー的にも、こーゆーの好きだったんじゃないかな。
はるか遠い東洋のすみっこ「やーぱん」のそのまた田舎に住まいしていると
「ユーロ使ってる国はみんないっしょ~♪」みたいに思ってしまうけれど
19世紀的には、すでに、このあたりから「異郷」だったのかもしれないなぁ。。。
などと、思いを巡らせるのであります(あれ?さらにぐるぐるするかも。。。)

音の棲む場所猫の額庭のかたすみには、
最近の朝夕の冷え込み&霜にも負けず、
小菊の花が咲き残っております。
NEC_3114.jpg

ので、公演もまだまだ先よね~~♪
などと思っておりましたら
もう12月1週も折り返しちゃったわよ!(どっひゃあ)

で。。お散歩道すがらに、見つけてしまいました。
NEC_3108.jpg

毎年誠実に着実に花を咲かせる沈丁花さま。
もはや「春の準備」が万端でいらっしゃいます(大尊敬)

というわけで
がんばろ~♪ろ・ろ・ろ・ろろれいひ~~~~♪(←深夜テンション続行中?爆)
くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
11 | 2013/12 [GO]| 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR