fc2ブログ

孤独の「孤」

ー孤留島ー

・・・という島を御存知ですか?

「こるとー」と読みます。
ピアニスト、アルフレッド・コルトーにささげられた日本の島です。
島の「本名」は「厚島」というのですって
くわしくはこのあたりに
下関市HP伝説・昔話

観光・町おこし・・・とても大切なことだし
ひとりの演奏家の美しい想い出が語り継がれるのは
とても素晴らしいこと・・と思いつつ。

孤独に留まる島・・という漢字の意味を聞いて、なお
そこで最期を迎えたい、と言ったという。
なぜ?あれほどの巨匠がそのように?・・・
という疑問と、胸がしめつけられるような切なさについては
語られていないことが、すこしさびしかったりします。
もちろん、まだまだ今につながることがたくさんある方であり
没後50年たってなお、秘めておくべきこと
解き明かし語るべきでない部分なのかもしれませんが。
実は本日、6月13日は彼の命日なのでした。

そんなわけで、
水無月の雨音の中、ちょっと彼について語ってみたり。

さて、そのコルトーは演奏家であると同時に
たいへんな教育者でもありました。
こちらは、彼のマスターコースの記録「演奏解釈」の本
そして「コルトーメソッド」と呼ばれるエチュード集。

NEC_1727.jpg

特にショパンに関しては彼の最後の弟子に直接師事していること。
作曲者自身の手による「教則本」の原本を手にしているということから
拝聴すべき意見・練習アイディアは本当に多いです。
特に(ため息をつきつつも・・ですけれど)これはやはり必要!と思うのは
このあたり。。。

3度および6度重音の連続のための指使いの研究。

NEC_1728.jpg
複数示されている指使いの提案。
これらをすべて試したうえで、自分にとっての『必要』を確認する
ということが、大事なのだろうな。。。

また
「まるで詩の朗読を聴いているよう」とされる
コルトーのマスタークラスについて
ほぼ「レポート」状態で伝えている「演奏解釈」の本。
かなり硬い文章に翻訳されていますが、それでもなお
「ロマン派そのもの」のような香り高い言葉の数々。

さてと・・・
そうした時代をはるか遠くに見つめざるをえない「現在」という地点から
どうにか「そこ」にたどりつこうとするとき
私たちは、少しく(いや大いに!)視点を変える必要があるかもしれない。
と・・そんな風に感じたりしております。

はてさて、
それではせっかく感じた「必要」に従って
お散歩中にも「視点」を変えてみましょう。

こちら・・・
「ただの植え込み」でございます。
しかも、手入れが悪い公共の場所にて、
蜘蛛さんが御活躍な模様(御嫌いな方!ごめんなさい!)
NEC_1713.jpg

でもね。ほらほら。
ちょっと下からのぞいてみたら
かわいい水玉たちを「一網打尽」
ころころころと、なんとまぁきれいなこと。
れ・びじゅ・ぶりあん(美しい宝石)
とでも、申しましょうか。
はかなくもたしかな命。
ひとつひとつが小さな宇宙♪
これはこれで
なかなかの芸術品♪などと思ったり。

NEC_1715.jpg

こちらは拙宅入口の蔓薔薇のひともと。
実はちんまりと小さな花たちですが
アップにしたらば、ちょっとゴージャス?
なぁんてね。
あら・・薔薇さんが照れて冷や汗かいてる・・(爆)

NEC_1710.jpg

こちらは二色空木さん
アジサイと同じく水無月のおなじみさんで
雨がお似合いなしっとり美人さん。
でもでも、ひとときの晴れ間に
お日様ピーカンの空に向かって写してみたら
まぁなんと、
ぴっかぴか健康夏美人だこと♪

NEC_1692.jpg

さて、ではもうすこし
ショパンの生きた時代からコルトーの時代まで
手渡しができるほどの近さで「音の命」をつなぐはずだった、
ひとりの天才少年が残した音楽のいくつかを
視点を変えてあれこれ謎を解く作業にもどります。
この謎解きにつきましては、24日サロンにてお話をば。

少年が生きた証。かわいい小品。
これもまたちいさな宇宙。
それを「閉ざされた書物」としないために。ね?

コメントの投稿

非公開コメント

いつも素的なおはなしありがとうございます。
さて、弧留島の話し始めて知りました。私は、高校まで下関に住んでおり実家もありました。中学校は、長府中学校で、小学校は豊浦小学校で3000人の大規模校でした。著与太調は最近市町村合併で下関に組み入れられたものであまり縁がなかったから分からなかったのかもしれません。今でも、下関には同窓会などで時々帰ります。
懐かしさが募りました。

Re: タイトルなし

> いつも素的なおはなしありがとうございます。
> さて、弧留島の話し始めて知りました。私は、高校まで下関に住んでおり実家もありました。中学校は、長府中学校で、小学校は豊浦小学校で3000人の大規模校でした。著与太調は最近市町村合併で下関に組み入れられたものであまり縁がなかったから分からなかったのかもしれません。今でも、下関には同窓会などで時々帰ります。
> 懐かしさが募りました。

まぁ!そうだったのですね?
またまた下関との御縁がひとつ増えました♪びっくり~~♪
私はたった数カ月いっしょにすごした生徒ちゃん(でも密度濃い日々でした)が
今在住(あれ?大学は下関じゃないっけ?Yちゃん?)ということやら
ブログお友達が下関ご出身やら、かの地にはなぜか御縁があるなぁ!
と思っていたところへ、没後50年を経てのこの情報でしたので、驚きました。
当時、とてもとても「思うところ」のあった巨匠が、ふと心を許した場所。
きっととても温かい人々であり、安らげる場所であったのだろう・・・と
当時の巨匠の胸中を思い、涙を禁じえません。(1952年のことでした)
川棚には「コルトーホール」という場所もあるのだそうです。
いつか一度訪れてみたい場所が、またひとつ増えました。

コメントするの遅くなっちゃいました(><)

「下関」の文字に???
知らない名前が・・・って思って、いまや下関に
いた時間より、こちらにいる方がはるかに永く
なってしまったとはいえ、それはどうなんだろ?・・・と
ふがいなさを嘆いていましたら。

そか! 川棚の方なんですね~!!
合併で下関市内になったのは、ここ数年なので、よたろうさんのおっしゃってるように、あまり縁はない土地だったので
一安心(^^)
小学校の社会科でも、旧市内の事しか勉強しなかったし(笑)
ちなみに、瓦そば発祥の地は、川棚ですよ~♪

私は蜘蛛ちゃん、好きなので。
蜘蛛の巣は芸術ですよね~!

台風、そちらの方は大丈夫でしたでしょうか?

こんにちは~!!

昨夜は、どちらかと言うと
騒々しいショパン様が、訪問されていた様子・・・
被害はありませんでしたか??

蜘蛛の巣の水滴の写真 素敵ですね(*^_^*)

こちらの蜘蛛は、根性無しなのか・・・
シッカリした巣を張らないものですから
まだこの素晴らしい贈り物に出会えておりません(残念

コルトー=孤留島 とは、何と寂しい当て字でしょうか??
何時の日にか・・・真相が紐解けられますように~!!

Re: コメントするの遅くなっちゃいました(><)

> 「下関」の文字に???
> 知らない名前が・・・って思って、

いえいえ、こちらこそ~(滝汗)
市町村合併はあちこちで進んでいて
ほんとうに「旧~~町(村)」という記憶って
薄れるばかりですし
その変化についていくのもたいへん!ですね。
下関について、おべんきょさせていただきました~(滝汗)

> そか! 川棚の方なんですね~!!

そうなんです「カワタナに故郷がある」ということらしく♪

> ちなみに、瓦そば発祥の地は、川棚ですよ~♪

ほうほう!一度食してみたい!と思っていたのですよ(めもめも)
ふむふむ、なかなかにおもしろいところみたいですね~(まず食べ物!な人)

> 私は蜘蛛ちゃん、好きなので。
> 蜘蛛の巣は芸術ですよね~!

あ!よかった!
某演出家によると、「蜘蛛の巣」っていうからいけないんで「蜘蛛のおうち」といえば可愛いと。。。
そうか?そうなのか?(おろおろ)

> 台風、そちらの方は大丈夫でしたでしょうか?

は~い、夜中の風雨はものすごいものでしたが
古き我が家もなんとか持ってくれたようです(ほっ)

Re: こんにちは~!!

> 昨夜は、どちらかと言うと
> 騒々しいショパン様が、訪問されていた様子・・・
> 被害はありませんでしたか??

はい!大丈夫でした!
で、ついさきほど携帯を確認!
御見舞メール感謝です!御返事しなくてすみません!

> 蜘蛛の巣の水滴の写真 素敵ですね(*^_^*)

ありがとうございます!
「水玉売り」というお話を読んで以来(いやその前からか?)の
「水玉病患者」でございます。

> こちらの蜘蛛は、根性無しなのか・・・
> シッカリした巣を張らないものですから
> まだこの素晴らしい贈り物に出会えておりません(残念

ほうほう・・鳥の巣も環境によっていろいろなようですが
蜘蛛も種類だけでなく、環境もあるのでしょうか???
(鳥の巣研究家は存じ上げているのですが、蜘蛛の巣研究家にお知り合いがおらず・・)

> コルトー=孤留島 とは、何と寂しい当て字でしょうか??

ほんとうに。心痛みます。
漢字の意味を聞いて、なおのこと御気に召された。
というその事実がとても切ないですね。

ちなみに、私の記憶違いでなければ
日本の鍵盤界の基礎を築かれた、恩師の御主人I御大も
「没後30年」だと思います。
あまりに諸事情がからみすぎなのか?話題にならなすぎ・・ではありますが・・(哀)

> 何時の日にか・・・真相が紐解けられますように~!!

ほんとうに。
その時代にもどって、マエストロの心に寄り添えるなら
さらに素敵なのでしょうが、それはかなわぬこと。
せめて、語り伝えたいと思い、この一文となったのでした。
「時の流れに掉さす」無常の行為と知りつつ。(苦笑)
くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
02 | 2024/03 [GO]| 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR