FC2ブログ

古文書発掘?♪♪

まだ、のたのたと楽譜棚整理をしております。
楽譜棚の5分の1くらいは終わったのか??
(先は長い。。。。。ふぅうう。。。)
というわけで、またまた発見!
再び「古文書?」のお話。

こちらは本当に使った古い楽譜です。
ご覧のとおりのばいえるさん。
なぜか黄色(2巻)だけ残してあったらしい。
NEC_2075.jpg
使用推定年齢4~5歳。
なのではっきりした記憶が皆無(これこれ)
で、数十年ぶりにページを明けてみて
こちら↓の表記にびっくり!

NEC_2084.jpg

悪名高き(←こらっ)「1ト2ト3ト4ト(いちとにとさんとしと)」
この不思議なカウントのルーツはここ?
だれかが勝手に使いだして広まったのかと思っていました。
こんなに「ちゃんと」楽譜に書いてあるのね~~(うわ~びっくり!)
「これほど『非音楽的な響き』を持つカウントを私は知らない」
とおっしゃったのは某有名指揮者さまでしたが。。。。
これって、今もカウントとして使ってる?の???(おろっ。。)
私の手ほどきのセンセは「たかたか」とか「てぃらるら」とか
「歌うカウント」をしてくださったので、自分も仲間もそのように。
なのでこれを、レッスン現場で聞くことはなかったのですよね。
書いてある・・しかもあっちこっちに・・・。
小さい私は楽譜をちゃんと見ていなかったのか?(どっきりっ!)
いや見ていても、きっと漢字が読めなひ・・(爆)

最近発行のばいえるはあれこれ持っているのですが
「こどもの・・」などのアレンジ版で、これは書いてないわ~。
今も「全訳バイエル」には書いてあるのかしらん。。
こんどのぞいてみよう!

さて、「私の場合」は。。ですが。
このころから「てくにっく・ばいえる・きょく」の3曲が
「通常レッスンメニュー」となっていきました。
こちらが、安川センセの「テクニック」
このまぁるくってくるんっとした「薔薇マーク」好きでした♪
image_20120922160052.jpg

で・・こちらの中にも「おや!こんなところに!」という発見が。
まずはこのテクニックが「ショパンのメソッド」である。
と、巻頭文にはっきりと書いてあること。
・・・し・・・知らんかったぁ(だって漢字読めなかったもん!)
そしてたくさんの「指練習」の中に、たくさんの「名言」が書いてある。
これも知らんかったぁ(だから楽譜は読めても漢字は。。。)
なかでもこちらの「名言」を見て、びびびびっくり!!!

仏蘭西のお嬢さん
なんとまぁ!シャミナードお嬢様の「お言葉」!!
こちらがセシル・シャミナード嬢
200px-Cecile_chaminade.jpg

自分のお教室の第1回生徒発表会で笛吹童子が演奏してくれたのが、
このシャミナード嬢の曲でしたね。なつかしい♪
それ以来「この人、ピアノ曲はないのかなぁ」と思っていたのですが
「やっと見つけた!」と思ったら、すでに某巨大コンペの課題曲になっていて
全集的な楽譜も発売されていてちょっとがっかりしたのはつい数年前。
(だぁって見つけた時は「新発見!」と思ったの。。。。)
そんなわけで日本で彼女のピアノ曲が一般的になったのってつい最近
でも、こんなに昔に「お名前だけ」は知られていたのね。
私は覚えてなかったけども・・・・(ダメぢゃん)

さて、上記の「3曲セット」は、やがて
「はのん・つぇるにー・いんべんしょん・きょく」
という4曲セットとなっていきます(小学校中学年くらいかな?)
そしてそれは中学でこのセンセからはなれるまで
ほぼ「日々の糧」状態で続いたのでした。

「きょく」の中に印象派や現代音楽が入ってくるのは
中学になって別のセンセになってからだったような・・・(汗)
露西亜・洪牙利の現代曲なんて高校になってから??
(これまた、さらに別のセンセになっておりましたが??・・滝汗)
ホント・・晩学のきわみ・・・(恥)

まあそんなわけで高校途中から、ダンディーDJ教授について
「あれもこれもやってない!」ということで
あんまり笑えないドタバタ劇を演じたわけですな(遠い目)

「手ほどきのセンセに感謝!」というのは
聴音とそるふぇーじゅ♪かな。
ここで得たものは「一生もの」となっている気がします。
毎週レッスンの前に必ず数曲取り入れてくださり。
後に受験用の聴音・そるふぇでも苦労は少なかったような。

使っていたのは、こちら・・・
すでに表表紙はどこかへ・・ずたぼろのぼろっぼろ!
某こどものための音楽教室編「そるふぇーじゅ 1a 1b」
image_20120919100415.jpg
これは歌うのはもちろん、リズムをたたいたり
聴音や和音付けの課題になったり、大活躍でしたねぇ。

ところでところで、もうひとつの発見!
これは「古文書」じゃないけれども。。。
バルトーク・レショフスキーの教本。
この教本。バルトーク本人の作曲による「課題」が多く
かなり個性的なのと、説明文がとても多いので
それこそ「資料」なのですが。。。

あらためて表紙のイラストにびっくり!
1970年代の本だろうし、日本での発行はうっかり90年代
なのに・・グランドピアノの前の子供のすわっている椅子が。。
昔なつかし「丸い回転いす」だわ。。(あらびっくり!)

image_20120921152311.jpg

最近、この丸椅子は見かけないわよね~~~
と思ってちょっと検索しましたら
いまだ「新品」で販売されておりました。
↑の古文書を大きなレッスンバッグに入れて
幼稚園→レッスン場を(道を渡ってすぐだったらしい)
大きなバッグをずずずずzzzzとひきずりながら
歩いていたというちっこい音夢鈴さん(目撃者多数・・とほほ)
この椅子には悪夢のような想い出がぁ・・。

あまりにちっこいので
ぐるぐるぐrrrrrといちばん上までまわして
ギリギリのところで座るのが常でした。
ので。。ので。。。。
よく座った姿勢のまま座面といっしょに、
がったんこっ!と転げ落ちておりました(滝汗)
さすがに本番ではなかったと思うのですが
舞台練習では落ちた・・なぁ・・(覚えてるらしい・・)

ブダペストでは90年代でもこれが普通だったのかなぁ。
欧州の少年少女は体格がいいでしょうから
これでも大丈夫なのかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

懐かしい〜!!!!!!!
私も今出も、ついつい、1ト2ト....と勘定してしまい、しかもドイツ人生徒に向ってつぶやいてしまうので、大笑いされます。ちなみに、こちらでは、und (うんと) でカウントします。早口言葉の様にかなり忙しいです。

Re: NoTitle

> 懐かしい〜!!!!!!!
> 私も今出も、ついつい、1ト2ト....と勘定してしまい、しかもドイツ人生徒に向ってつぶやいてしまうので、大笑いされます。ちなみに、こちらでは、und (うんと) でカウントします。早口言葉の様にかなり忙しいです。

それだ!!!!(←なにが?笑)
あいんうんとつヴぁいうんと・・←「1ト2ト・・・」はそれを直訳したのね!
第1世代の教本を見ると「西洋をそのまま伝えよう」とした情熱を感じるわ。
「イチ」「ニ」というニホンゴが「非音楽的」と感じられたのか?某指揮者さまは。。。
「n」音を含むものが少ないから・・・かなぁ。
音楽取調係から数えて3代目の「西洋音楽稼業」としては謎は深まるばかり。。。
(ちなみにその某指揮者さまは、2代目世代かと思われます。)
あんまり考えると、別なバイエル(あすぴりん)が必要になるからこのあたりで♪(笑)

現役使用です!あわわ…

うひゃ~
この丸椅子、実家に置いてあるピアノのパートナー。
もちろん帰国時の練習においては私のお伴。

いつから使っているかは、記憶にありませんが
おそらく30年以上前の代物かと…
いまや「骨董品」の部類にあたるのでしょうね(笑)

既にぐらついていますので、バランスをとりながら弾いております(爆!)
買い換えたほうがいいですよね?(あたりまえ!)
はい!次回帰国時には、新しい椅子で練習しま~す♪

Re: 現役使用です!あわわ…

> うひゃ~
> この丸椅子、実家に置いてあるピアノのパートナー。
> もちろん帰国時の練習においては私のお伴。

どひゃあ!!それはそれは~~♪

> いつから使っているかは、記憶にありませんが
> おそらく30年以上前の代物かと…

たぶん・・あなたのママの・・とかじゃない?
それかピアノといっしょにどこかから譲り受けたとか。
どちらにしても、とすればピアノのほうは
なかなかに「いいもの」かも♪
大量生産する以前の国産ピアノはなかなかスグレモノが多いのよ♪

> いまや「骨董品」の部類にあたるのでしょうね(笑)
そうかも~~いや~ん見たい!(←見に行く気まんまん)

> 既にぐらついていますので、バランスをとりながら弾いております(爆!)
> 買い換えたほうがいいですよね?(あたりまえ!)
> はい!次回帰国時には、新しい椅子で練習しま~す♪

そうね。実際の練習においては安定が一番ですね。
御事情が許せば、買い換えたほうがいいかもしれません。
でもその前に見たい!座りたい!(これこれ)
くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
08 | 2020/09 [GO]| 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR