fc2ブログ

逆算練習♪

またまた!妙な題名にて失礼♪

自分では「普通」と思っていたことが
WEB上の無料で配信されている各所に出会い
いろいろな「方法論」を拝読してみますと
「あれ?そう?私違うかも・・・」
ということが、よくよくあります(う~む)

というわけで、私のいつもの練習について
「自己確認作業」として書き留めておこう
と思ったのでした。
ついでに「イマドキ」に「ネーミング」してみようかな?
と、ごにょごにょ考えまして。思いついたのが
「逆算練習」
という言葉だったわけです。
ではなぜ「リハビリ科」に?というと。
動体視力と認識の「リハビリ」となるから。
なのでした(ほら・・よるとしなみ)

では、はじまりはじまり♪

~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~

たぶん(古い記憶)
これを始めたのは高校生くらい?
恩師の一言が発端。
「100回『読んで』から1回弾くのよ!」
「じゃなきゃ、どう弾くのかわからないじゃない!」

なるほどね。
というわけで以来実践している方法。
まず楽譜を「読む」のですが。と・・。

(ごそごそ)

以下は、あくまで「シュミレート」です。
実際に新曲として練習しているわけでなく。


これはピアノの楽譜です。
(This is a Piano-Score.)
私は楽譜を見ています。。。。
(I see a piano-score )
・・・・って・・・これこれっ!
「楽譜全景」を眺めて(see)ちゃ困ります.

NEC_2113_20121011111554.jpg

認識論などの本によると。
どうやらこのような「見え方」って
「難解と感じる書類を初めて見る時」
の感覚だそうで。
難しそうだな~~と思っていると
楽譜さんと距離が生じるらしい。

そんなわけで。
まずは「相手を知ること」ですな。
「楽譜(作曲家さん)には添うてみよ」
先入観なしで読んでみませう♪
ゆっくりまったり(演奏時間の倍~3倍くらいかな)
「音のお話」を観て(Watch)読み取って(read)いく。
そんな「読譜時間」もまた楽し♪

かつては楽譜入手→電車の中→自宅までの作業。
今はWEB購入が主なのですが
なぜか?移動中の電車の中に楽譜を持ち込む人。
なぜかな?あの揺れがちょうどいいのか?(笑)

さて、
楽譜を「目読」すると「脳内劇場」で音が再生されます。
脳内に保管されている楽器ですから場所もとりません。
オケまるごと・・・とか、パイプオルガン!とか
「動物合奏団♪」とか「地球音楽隊」とか
好きな音で再生可能です♪(どんな音で脳内再生を?笑)
まだ「現実の音」じゃないんだから、
誰にも聞こえないし、メイワクにもなりませぬ♪
できるだけたくさんの「音」を耳の中にしまっておくと
とても楽しいです♪
(バッハをアシカの合唱で演奏するとか~♪←こらっ!)

ともあれ、ゆっくりとまったりと
「♪のツブ」が連なり重なって「おとことば」になり
それが「おとものがたり」として意味をもつまで
全曲通してじっくりと目読したいものです。
(この時間を持てないと後がたいへん!なのよね)

さて、このときに気持ちがひっかかって
「脳内合奏団」がおっとっと~とコケたりするのは
彼らのせいじゃなくって自分の「目」のせいです(とほっ)

加線が山盛りあって「な・・なんの音?」という時や
突然の跳躍・メロディーが右左で受け渡されちゃった!
などなど、楽譜上で目が追いかけていた音が
ふっと逃げてしまって焦るんですね。
読書でいえば「読めない漢字」「知らない言葉」かな?

つまり(・・・言いたくないけどもっ!)
そういう場所は「楽譜上」の目の移動で
すでに動体視力が追いついてないわけ
(よるとしなみ・・)

鍵盤⇔楽譜という往復だとさらにたいへん!
ましてや、楽譜⇔鍵盤⇔合わせる相手ってなったら
これはもう、えらいこっちゃ!となります
(えぇそうです・・・よるとしなみ・・)

テンポどおり「目が動かせる」って
車の運転(自転車でも可)に似てる♪
(あ・・音夢鈴は運転できませぬが)
楽譜⇔鍵盤と目線を移動させるわけですが
さらに楽譜上では上下運動であるものを
鍵盤上では左右運動に変換するわけで
いろいろと同時に目で追いかけるわけね。
(お目ぐるぐる←だからよるとしなみ・・)

両方に同じように焦点をあわせたら、
そりゃ、ぼやけますよねぇ(とほほ)
(そうなのっ!しってるのっ!よるとしなみっ!)

「部分暗譜して手に集中」するか
「楽譜に集中するから手は見ない」のか
心の天秤にかける必要が生じますな(ふむ)
特に譜めくり前後は部分暗譜しなきゃ・・かな。

そうそう!体験からご注意をひとつ!
練習中も音楽を止めずに譜めくりしませうね。
ちょうど良い場所で譜めくりできるようにコピーするか
前後を少し暗譜するか?どっちかしませう。できるだけ。
音楽を止めたりゆるめたりすると
「止まり癖」「テンポのゆれ」の原因に!

あ!そうそう!もひとつ!
「楽譜購入(入手)」と同時に動画チェック
というのも「今様な練習方法」かもですが。
私はしませんねぇ。。。
自分が弾けちゃった後なら
勉強や参考のために聴きます。
新曲の楽譜を「読んで」いる段階だと
えーっとなんと表現したら・・
んーーーっと(ぽりっ)

・・・しばし考え中・・・

新曲を読譜しているときって
楽譜から出てくる「音のおしゃべり」は
まだまだ「準備中」の音なのよね。
なので完成形である動画の演奏の音と
あっちこっちでずれちゃうのね。
もちろん!
自分の脳内の音をだまらせておけば
すっきりと解決するわけだけれど
私にはあんまり意味がない気がする。
それに「わかったつもり」になって
その時点での本当の自分の音に
耳を傾ける気がなくなっちゃうもの。
まだまだ貧しくへったくそで幼稚な音!
でもそれが「今の自分」なんだものね。

さてと。
ざっくりと曲の全貌をつかんだところで
弾けるようになるまでの練習を「逆算」します。

理想速度は表示されていますが、
もっとも楽譜の混雑しているところを、
ひょろひょろぴろぴろ~っと音取りしてみると
たいていの場合。
「いきなりそのテンポはやめときなはれ!」
と、よくよくわかります(あはは~ん♪)

では「練習テンポ」はこんなもん?という
「最低テンポ」で全体を通すか?というと

小節数×拍数×テンポ=演奏時間。
(一度も止まらなければね・・・汗)
のように計算してみると気が遠くなります(とほほ)
通して1回弾くのにとんでもない時間がかかるのね。
そりゃまずい。。。つまらないし(こらっ!)

なので、まずは「アヤシイ個所」を見つけて
さきにやっつけちゃいませう。
弾けるようにしちゃってから
インテンポで全部通すほうが速くて楽~♪

そんなわけで。
「ここらへんか?」という箇所を開き。
おもいっきり前のめりになってみませう♪
Zooooooom Up!
NEC_2114_20121011111554.jpg

121・・という数字はT(小節)番号です。
121小節目ということ。
いわゆる「中間部」ですな。
なぜここから?ですか??

だぁって・・・
たいていのピアノ曲は、
ここより前とここから後ろと
ぱったんと楽譜を合わせたら、
ほぼ同じ音楽ということが多いのです。
ということは、そういう箇所は
どうせ何回も練習することになるでしょ?

でも中間部(または第2テーマ)って、
たいていは曲中1回しか出てこないんです。
だから一番練習量が少なくなっちゃう。
なのに、いちばん「盛り上がる」べき場所なので
難易度が高かったりする。
なので、ここから練習開始♪と決めませう。

最後に「しっぽをつかむ!」こと。
これはいつも忘れずに♪
つまりね。最後だけ弾くの♪
image_20121012121957.jpg

ちゃん♪ちゃん♪・・・はぁい終了♪

すっかり全曲弾いた気になっております。
では、また明日♪(へ?笑)

けっこう「読む時間」がかかるし。
「脳内シュミレート」で弾いた気になっていると
筋肉たちは少しばかり「動いた気」になるらしい。
でも「本当は動いていない」ので
「がっちり拘束されてた!」という気になるらしい。
なので、十分ストレッチして、おしまい♪

あ!もちろん!
レパートリーや「仕事の曲」は弾いてます。
そして「明日までに仕上げ!」とか言われたら
そりゃその日のうちにスパートかけますが
仕事以外で時間制限なし。
という「仮定」でのお話なのでね。


秋本番♪
コスモスは、そろそろ終わりみたい♪
NEC_2112.jpg

・・・「逆算練習♪♪」に続く~♪・・・

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

私…譜めくりのたびに音楽を止める問題児、いや問題婆!です。
(ほっと一息♪ちょっと休憩?)

新曲はまず弾いてみる=弾かないと気がすまない
速度とリズムはムシ!=音だけひろって、ふぅ~満足♪
加線山盛りの音は、この辺かなぁ~と適当に♪=特技!作曲
あぁ~ダメ!この曲ってどんな曲?→you tubeさまに頼る
いつでも出だしから練習開始→飽きて→最後はどうでもよくなる

簡単明瞭!だ~から、曲にならないのですねっ!(さっぱりした~)

では!まず楽譜のまん中あたりをあけてみて…
うわぁ~音符さんがぎゅうぎゅうずめ!
「see」を通り越して「freeze!」(呆…再起動できるかなぁ)

前途多難なもよう…どうなる?私のフレデリック♪

こんな問題婆ですが今後ともどうぞよろしくお願いします♪
(今日3歳児にxin chao ba!”こんにちは!お婆さん”と言われショックを引きずっています…
せめて、xin chao co ”こんにちは!おばさん”にして欲しかったなぁ…涙)



あっっ!

中間部をあける前に、まずは目読でした…ね。
またまた、はやとちり…失礼しました!

できるかなぁ?(ものすごく不安…)

Re: NoTitle

> 私…譜めくりのたびに音楽を止める問題児、いや問題婆!です。
> (ほっと一息♪ちょっと休憩?)

譜めくりって意外に難しいのよね。
前後をちょっと記憶しておくだけで違いますよ~♪

> 新曲はまず弾いてみる=弾かないと気がすまない
> 速度とリズムはムシ!=音だけひろって、ふぅ~満足♪
> 加線山盛りの音は、この辺かなぁ~と適当に♪=特技!作曲
最初ね。メモ書いちゃうといいのよね。
(もちろん!レッスン前に消しましょう! 爆)

> あぁ~ダメ!この曲ってどんな曲?→you tubeさまに頼る
これは人それぞれだと思う。
完成系を耳に「スリコミ」してそれからという人も
あるのではないかなぁ・・・。
マネにならないように。というのがあるのだけれど
「名人のマネができるなら立派」という考えもあるし。

> いつでも出だしから練習開始→飽きて→最後はどうでもよくなる

あははははは!それは困るかも♪

> 簡単明瞭!だ~から、曲にならないのですねっ!(さっぱりした~)

いやいや、さっぱりしている場合じゃ・・(笑)
>
> では!まず楽譜のまん中あたりをあけてみて…
> うわぁ~音符さんがぎゅうぎゅうずめ!
> 「see」を通り越して「freeze!」(呆…再起動できるかなぁ)

うわ! 「心が停電」しないようご用心♪

> 前途多難なもよう…どうなる?私のフレデリック♪

どんまい!フレデリック!
大丈夫!彼は演奏家としては我慢強い先生だったはず♪

> こんな問題婆ですが今後ともどうぞよろしくお願いします♪

こちらこそ~♪

> (今日3歳児にxin chao ba!”こんにちは!お婆さん”と言われショックを引きずっています…
> せめて、xin chao co ”こんにちは!おばさん”にして欲しかったなぁ…涙)

いやあのね。
亜細亜諸国って10代前半という恐るべき早婚の習慣があるから
30後半から40代は「祖母世代」らしいわよ(聞き耳情報)
3歳児でしょう?自分の親より偉い人=前世代だったのでは?

Re: あっっ!

> 中間部をあける前に、まずは目読でした…ね。
> またまた、はやとちり…失礼しました!

いえいえ~♪
↑の御返事にも書きましたが
この「目読」のときにYou tubeなりCDなり利用
というのは、人に寄ります。
そのほうが楽ならいいのでは?
ただ、最後まで楽譜を読み通したほうが後で楽よ~♪

実は中学以上の生徒さんの場合は
1度ざざっと通して弾いて、次にポイントをゆっくり説明して
練習方法を指摘して(うっかり譜読みもいっしょにして)
問題点の「とっかかり」だけいっしょにやっつけてから帰す。
ということをしたりします。
ただし、音楽専攻希望の子は別。

> できるかなぁ?(ものすごく不安…)

自分がやりやすい方法でいいと思うわ。
私は↑のやり方に慣れているので便利なだけ。
ただ、「最後だけ弾いておく」というのは
精神的に楽な気になる気がします。
すごく「やった気になる」から(爆)
くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
02 | 2024/03 [GO]| 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR