fc2ブログ

雲をつかむ話?!

とりあえず各所に連絡送信完了♪
ちんまりした「おうた」つくり完了♪
じんぐしゅぴーる概要脱稿。。。。♪
(ふぅうううううう~~♪)

NEC_2270.jpg

鍵盤屋よ。。。。。
小生には
あっちこっち行って
ぺちゃくちゃおしゃべりして
美味しいもの食べた。

という風にしか見えないんだが。。

ーえ?(ぎくっ)

まぁね。。たしかにね。
美味しいもの食べました。
NEC_2280.jpg

こんなとこでおしゃべりしました。
(ながいことありがとう~~~~♪)
NEC_2276.jpg
明治生まれの柱にもアドヴェント♪ 

都会の真ん中で
生きたままクリスマスツリーになるって
どんな気分だろう・・?
などという。
そんなお話をしつつ。
NEC_2282.jpg

さらに、あれやこれや
ほほーへへーーそうそう~うふふ。と。
「雲をつかむような」
「鬼が笑うような」
そんなおはなしから

どうにか、手が届くか?
というおはなしに、まとめたわけで。

ぶらんち(小昼食)しながら
ぶらんち(枝談義)とでも申しましょうか?

ま・・現状をイメージするなら
こんな風かも♪
NEC_2274.jpg

ほわっほわの ぴんくのくも・・
もちょっとで、手がとどく?
がんばれ!
魔法のぶらんちっ♪
(いやいや、自分ががんばれ・・)


さて。
こんな「雲をつかむようなブログ」を
読んでくださってるやさしい方々に
ちょいと、ご質問♪

♪まるかいて ちょん♪
で、はじまる「えかきうた」って
「あっというまに」

・・・・・・・

・・・・なにが出来上がると記憶されてますか?

目下あれこれリサーチ中。
WEB上の「おまとめ」でなければ
非常に地域的(集団的)な重なりで
かなりいろいろありそうです。
が・・・。
とある世代からは、
なにをどーしても、これ!らしいです。
これはまったく「無視できない事実」
「あ~やっぱりね~」と思いつつ
ゆーちゅぶめぐりをしておりましたら。

まあああああ!ほ・・・ほんもの!

というわけで本日の「おまけ」動画です。



もひとつおまけ♪
主に「雲釣り師協会会員」さま向け(←いつの間に?笑)
ひとくちに「箸でからめる・・」
と申しましても、
こんな高等技術もあるようです。
う~~~む。修業の道はきびしい。。ですねぇ。
(↑雲釣り師と綿あめ職人を混同しているらしい人)

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

あーっというまに・・タコ入道!
(あれ? それはまた別のだったかな??)

それよりも「工芸綿花糖」に目をうばわれました。
匠の技ですねえ。素晴らしい。
しんこ細工や飴細工も、見かける機会が少なくなりましたね。

Re: NoTitle

> あーっというまに・・タコ入道!
> (あれ? それはまた別のだったかな??)

おぉ!ここにも「タコ入道」派が!(めもめも)
そうなんです。いわゆる「口コミ」だと「タコ入道」多数。
ですが、某「絵描き歌」本には
♪まるかいてちょんスタートが「おかみさん」となっていて
タコ入道はちがう始まり方になっているんですよね。
口承を書き留めるってほんとうにむずかしい・・(うむむ)

> それよりも「工芸綿花糖」に目をうばわれました。
> 匠の技ですねえ。素晴らしい。
> しんこ細工や飴細工も、見かける機会が少なくなりましたね。

そうそう。ウチのたまさんも
「こういうお商売が基本よね~」と感心しておりました。
が・・二人の共通意見としては
で・・これは美味しいのか?・・という(爆)
きゅきゅっと押さえちゃってますでしょう?
「わたあめ」というより「かたあめ」なんじゃ・・(これこれ)
くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
01 | 2024/02 [GO]| 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR