FC2ブログ

はるのよい♪

そー来たか。。。
と、相変わらずびっくりしつつ
本日の「にほんごであそぼ」を拝見。
(にほんごファンなのであります♪)

というわけで、
拙ブログにしてはすごくめずらしく
「今日のおはなし」であります。
(いつもは時空がゆがんでおりますゆえ)

学生時代から今まで
民俗学・民俗音楽・言語学など
さまざまな分野の本を乱読していて
そこで「小耳・小目」にはさんでいた
民族的なことどもや古き良きことばなどが
善き姿・声・技量をお持ちの方の手で
ありありと「現実」になる楽しみ。

楽師としては
うなりやベベン氏的方向
まんさいさん的嗜好 などなどが
なかなかに好きだったりいたします♪

本日は中原中也の
「在りし日のうた」より
「春宵感懐」を
こどもたちのみの朗読で
という趣向に、びっくり。

よく知っている詩でしたが
まったく別な思いが生まれ
その新しい「思い」と
古いなじみの「思い」と
両方をかかえて
しみじみとしたことでした。

というわけで、思いだし書き。

以下の「書きよう」と写真チョイスは
こどもたちの朗読を聴いての
「音夢鈴勝手解釈」です。
行の分け方などなど、かえてます。
中也さんごめんなさい!(ふかぶか)

こどもの声で聴く。ということで
こちらの胸に呼び覚まされる郷愁。
製作者様方
さすが、よくわかってらっしゃる。


春宵感懐 中原中也
 あめが あがつて、
 かぜが ふく。
 くもが ながれる
 月 かくす。
                        
 
 みなさん!
 今夜は春の宵
 
 なまあつたかい
 風が。。。。
 吹く。。。

富士山4

 なんだか。。。
 ふかいためいきが、
 
 なんだか。。。
 はるかな幻想が、

 わくけど それは。。
 。。。つかめない。
 
 だれにも
 それはかたれない。
 
 だれにも 
 それは語れないことだ。
 
 けれども
 それこそが「いのち」
 だろう?
 ・・・じゃないですか?

(いのちだらうぢゃないですか)
   
コートぬごうかな。
  
  けれども。。。
  。。それは あかせない……
 
 ーかくて 人間、ひとりびとり、
 心で感じて 顔見あわせば
 
 にっこりわらう 
 というほどの事して、
 
 一生
 過ぎるんです。。
 ねえ。。。


 ふきのとうです。
                   

 
 雨があがつて
 風が吹く。
 雲がながれる
 月かくす。
 
 みなさん。
 今夜は春の宵。
 
 
 なまあつたかい
 
 風が


 吹く。
P3270001.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「いのちだらうぢゃないですか
 けれどもそれは示(あ)かせない」
という、なかなかに難解な部分を
↑のように納得させてくれた子供たち!
ブラボー♪
やまとこくの未来は明るいわ♪

背景のように「ころがって」いた
コニたんこと小錦氏的オブジェ(ふうせん?)が
詩の最後、うっすらと光りながら空に上ったことが
ちょっと。。気になる。

きっと
「けれども、それは あかせない(教えられない)」
のかな。
ちょっとした寂しい予感を誘う終わり方。
(違っていてほしいけど)
「番組」ですしね。
出演者を含め「変容」は必要かもしれないけど。
でも。。。

3月。。。
出会いと別れの季節ですね。

以上。
子供対象公演の前はEテレマニアになる
「にほんごフリーク音夢鈴」がお届けいたしました。
正面に富士山

こっそりおまけ(動画です♪)
にほんご動画いろいろ
「うなりやベベン作業用BGM」が最高♪

コメントの投稿

非公開コメント

くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
08 | 2020/09 [GO]| 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR