FC2ブログ

そんなふうに見てみよう♪

むか~しむかし。
あれ?ちょっと、むかし?
いやいや、こどもたちからしたら
う~~んとむかし。かな?

東京や横浜のあっちこっちに
まだ野原や田んぼや畑が
た~っくさんあったころのお話。

何人かのちいさな「虫博士」が
お互いに連絡をとりあっては
自慢の虫の見せっこをしたり
そんな「同人活動(オタク活動?うふ♪)」をしていたとか。

その中のひとりは「のうみそ」を科学し
もうひとりの少年は「どうぶつのこうどう」を科学した。
また、もうひとりは
「えんちょうさん」になり各地に昆虫館を創った

養老孟司氏。日高敏孝氏。そして矢野稔氏。
なんとこのお三方。
御幼少の頃「昆虫同人雑誌」のお仲間なのだとか。

・・・・だ~か~ら~
どんな分野でも「オタク」さんって、あなどれないっ!
(こわいわ~~♪こわいわ~~♪うふふ~~♪)

さて、↑の三人の中のおひとり
2006年に亡くなられた日高氏の文庫本が
「今月の新刊」として目に飛び込み。
思わず購入。冒頭文にノックアウトされました。
(2013年1月の発行です。エントリーが遅れちゃった!)
image_20130522084757.jpg

その冒頭文。
あまりにあまりに素敵なので
ルール違反とは思いますが(クレームがきたら下げますのでっ!)
どうしてもどうしても!ちゃんとご紹介したく。

また「かきとり」をしながら、ふと
「1年生にわかる漢字だけにしてみよう」
と↓思いつきまして、
行変えをちょっとアレンジ。
そして、一部を分かち書きにしてみました。

     はじめに

いきものと おしゃべりするには
観察(かんさつ)するのが いちばんだ

こどものころ 
ぼくは 
虫と はなしがしたかった

おまえ どこにいくの
なにを さがしているの

虫は 
こたえないけれど
いっしょうけんめい 
あるいていって
そのさきの はっぱを 
たべはじめた

そう
おまえ 
これがたべたかったの

ことばの かわりに
見て 気がついていくことで
その虫のきもちが わかる気がした

すると
かわいくなる
うれしくなる

それが 
ぼくの 生きものを見つめる 
原点(げんてん)だ
どうやって 生きているのか 
しりたいのだ

おまえ 
こんなことしているの
そうなの 
こういうふうに生きているの

そのものがたりが わかれば
すごく したしくなれる

みな ようよう(ようやく)
いまの環境(かんきょう)に適応(てきおう)して
生きている

生きることへの 
ふかい共感(きょうかん)は
そうやって 生まれてくる。

世界(せかい)を こんなふうに みてごらん



NEC_2694.jpg
生まれたての二色空木は真っ白(2日目から色がついていくそうな)

文庫本の「冒頭文」ですから
そのあとに数行、ご本についてのことが
続きます。
中身は、ご自身の研究や体験についてのエッセイ。
ひとつは「講演会」そのまま。
文庫本にしては、すこし大きめの字かな?

ところで
こうして1年生にもわかる漢字だけ。
としてみたものの
これは漢字にして、ふりがなをつけないと
意味が通じないかな?とおもったのが
「観察」「原点」「環境」「適応」「共感」

今の私に
これらの言葉を、こどもにわかるように
おはなしできるだろうか?
自分自身、これらのことについて
こどもたちは、はずかしくないように
生きているだろうか?
ご本を読みつつ、考えさせられました。

また、ほぼ「ひらがな」という中にあると
「生きる」と「生まれる」は
同じ漢字だったんだなぁ。。。
などといまさらなことを、再確認したり。

「ちょっと立ち止まって、考えなさいよ。」

あわただしい毎日の中で、
見失いそうな「大切ななにか」について
博士に「これこれ」と御指摘を受けたような。
そんな気持ちです。

「行動学」の権威として
科学の最先端にいらした博士の言葉。
ひとも どうぶつも しょくぶつも
「いきもの」だよ。という見方。

ぼくが こうして見ているように
あちらからも 見られているんだよ。
という考え方。

なんと自然でやわらかい視点。

何万・・いえ何億という「ケース」を積み重ね
行動をパターン化することを「基本」とする
そういう学問の権威が最後にたどりついた
「個」の尊重。ということ。

ご自身の子供の頃を忘れず
子供と御自身とを、まったく同じ位置において
「いきものたち」に言葉をかけてらっしゃる。

この言葉に出会ったおかげで。
生き物に接するときに
博士が後ろからうなずいてくださるような
そんな風に生きていけたらいいなぁ。と
あらためて、思ったことでした。

というわけで
今日はひっそりと「いきもの」を見るお話なので
音の出る「おまけ」は「なし」です♪
ごめんなさい。
NEC_2695.jpg
銀猫M氏@おそとのおうちでお昼寝中zzzzzz

そうそう(こっそり)
ご本の中で「宙(そら)に浮くすすめ」という項があります。
ここだけは
「はい!たいへん得意でっす!(えっへん!)」
と思いました。いろんな意味で(へっへっへ♪)

もひとつ(こっそり)
-別件ですが 私的に「旬」の話題なので記録としてー

いや~~♪ 
Mr.Tから「地元紙に広告出るよ~」と告知されてましたけど
大きいデスねぇ。
全員同じサイズの名前入りということに、愛を感じますね。
それにしても豪華絢爛な「合唱」ですね(おろおろ)
が・・・がんばろっ・・(うんうん)
2013巣立ち広告♪

コメントの投稿

非公開コメント

No title

巣立ち30年 アニバーサリーのお知らせの下に さりげなく 補聴器の案内 なんて はしこい 広告スタッフ!

今回のツッコミ所はここかいって声が聞こえそう~

Re: No title

ぶらちぇ御大さま♪


ふっふっふっふっふ・・・・
ふはははははははっ!

や~っぱり、
そこにつっこみきましたね~(来ると思ってたも~ん♪ へっへっへ♪)
私も「↓の広告・・それかい・・」とつっこみましたん♪
しかも、右隣は「腎クリニック」て・・・(とほほ)
せっかくやから「老眼コンタクト」の宣伝もあったらよかったのにね(これっ)

ちなみに「巣立ちコンサート[新人)」は緑色で「若葉マーク」
「OBメモリアル(旧人)」は茜色で「枯れ葉マーク?」って言ったら
T氏が「違うっ!そんな意味じゃない!いい色だから決めたのっ!」
っておっしゃってました♪
ええやんね~「枯れ葉マーク」 ゆるりと安全運転でいきますわ~♪
(合唱メンツ・・祝賀行事ゆえ二期会・藤原・他多士済々・・伴奏怖いよ~~~)
くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
08 | 2020/09 [GO]| 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR