FC2ブログ

記憶の底でどんどこどん♪

さて・・・
「あふりかのたいこ」とか
民俗音楽への傾倒のお話をちょびっと続けます。
とはいえ、そんなカタクルシイものでなく。

おそらく、もとのもとの「おおもと」は
このあたりにきまっています(爆)



甲斐国で音楽をやっていたちっこいおんなのこにとって
♪あぁあ~あぁあ~の、ひらのセンセ」(おうたの平野氏)
ほんとにほんとに「大スタア」だったなぁ。
(いや、これだけじゃなくって、ほんとに大スタアさんですけども)

ですから、もちろん!
DずにーのLKのOPを見たときは
「これ・・・レオなんじゃ・・・」
と思ったひとりであります。
ミュージカル演出のティムライスの素晴らしさで
舞台はものすごいオリジナリティがあるけど・・・けど・・・。

さて、そのミュージカルですが。
ミュー好きになった原因も、どうやら「おさむし氏」にあるような?
このあたりとか???
子供の頃「観た」記憶はないのですよ。
ただ、このテーマ曲は耳の底にあったのよね。
(なぜだらぅ?)
娘が小さい頃、LDで発見して購入。
「そうそう!これこれ!」と思ったことでした。
♪ふぁらどっどっど・ふぁられ・れ・れ 
 ♪ふぁらみっみっみどらど・れっれっれ♪




さてさて「夏休み動画シリーズ」になっておりますゆえ
最初から「おまけ」・・・のようなエントリーですが
本日の「おまけ」はこちら。
記憶にある限りの「人生初観劇」の舞台(爆)
藤城清治氏と木馬座による舞台「ケロヨンのぼうけん」
記憶違いでなければ、有楽町の読売ホール♪



おまけのおまけ・・・として
なつかしい野沢那智氏の語りで
藤城さんらしい美しい影絵による物語をば。(ケロヨンだけじゃ、申し訳ないので)
これも「以前から知っていた」・・というような感覚があるんですが・・
野沢那智さんの声や言い回しが「あ!知ってる!」と思わせるのかしらん・・・(謎)

いやお話の内容そのものは、デジャブ感たっぷりで
ほとんどシェークスピアの「リア王」ですけども(これこれ)
いえ、あのその「かの時代」のことですから
むしろ沙翁(しぇー氏)のほうがこの物語など民話を「原作」としたのかもですが。

この作品。マルチメディア黎明期にCD-ROMの作品として創られたらしい。
見たとしたら、いったいどこで?・・科学館かなにかかな?(ぴよぴよ)


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは♪

ジャングル大帝のオープニング
だーい好きです!

手塚治虫さんはクラシック音楽が大好きだったので、
アニメ化の時も、壮大な音楽を!と希望されたそうですね!
リボンの騎士とかも大好きです。

♪ゆきしんまるさま♪
携帯からのお返事で失礼いたします。コメントありがとうございます。え?レオのこのOPご存知なのですか?
手塚さんは、ものすごいレコードマニアだったみたいですね。
音だけで台詞のない場面も多かったですね。
くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
08 | 2020/09 [GO]| 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR