FC2ブログ

岩谷時子さんを悼む(追記あり)

いわたに・ときこさん
という名前は、この歌で知りました。


いまより、さらにさらにちっこい手で
前奏の左オクターブ。(F→E→D→C→B)
まだまだ必死!でつかんでいた時代。
この曲が弾きたくてがんばった記憶。。(遠い目)

♪そらはおしえてくれた
 おおきいこころを もつように 
 ともだちのてを はなさぬように

♪そらはきかせてくれた
 かぜにもまけない くものうた
 ひとりでも もうなかないように


私の人生の応援歌のひとつだったなぁ。。
と。。。。いまさら気付きました。
美しいことばに感謝を。

もひとつ。おおきいお姉さんたちのうた。
ともしびを高くかかげて

合唱伴奏は小学生時代のみ。なので
聴いただけですが、本当に心に残った歌。

そして やがては
この「日本オリジナル」ミュージカルの作詞家として

「和物ミュージカル」のひとつという意味において
あえてラストシーンをシェアいたします。
「夢を続けて」


同ミュの被災地公演のカーテンコール
主演の菊池さんは被災地出身とか。。
「友達はいいもんだ」


また「訳詞家」としても
やはり「あえて」こちらを
「顎で受け止めて」

♪ちょ~っとした知恵 悲しみ受け流す知恵~♪
 からの一連が大好き♪です。

帝劇・四季関係の「初演」はほんとうにあれこれとあり。。。
(レミゼ・ミスサイゴン・ウェストサイド・数えきれない!)

そして、この季節なので。。
「こーちゃん」こと越路吹雪さんの歌唱
越路さんの御主人、内藤法美氏のピアノで
「だれもいない海」(作曲も内藤氏)


岩谷さんについてのまとめは、このあたりにて。
岩谷時子さん まとめ

たくさんの美しい「にほんご」を
ありがとうございました。

こーちゃんたちのいる「おそら」で
どうぞやすらかに。。。(祈)

追記&訂正
↑の「誰もいない海」ですが、
山口洋子さん作詞(←良く知られた同名の作詞家さんでないらしい)
となっている資料もあり、ちょっと???です(笛吹童子さんごめ~ん)
お詫びをこめて、越路&岩谷のコンピ動画を。。。と
見つけました♪ 8分30秒からの「アプローズ」が!!!(涙目)
「ようこそ・・劇場へ・・・^役者は子供よ・・かくれんぼがだいすき。。」
名台詞。。
伝説の「ロングリサイタル」をほうふつとさせる動画です♪

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フランク永井「おまえに」 が私にとって 時子のメモリアルですわ 特に3番

そばにいてくれる だけでいい
約束をした あの日から
遠くここまで 来た二人
おなじ調べを 唄うのは
おまえのほかに だれもない
そばにいてくれる だけでいい

じんときますよね~

Re: No title

♪ぶらちぇさま&令夫人さま~♪

> フランク永井「おまえに」 が私にとって 時子のメモリアルですわ 特に3番
>
> そばにいてくれる だけでいい
> 約束をした あの日から
> 遠くここまで 来た二人
> おなじ調べを 唄うのは
> おまえのほかに だれもない
> そばにいてくれる だけでいい
>
> じんときますよね~


は~い!良くわかります♪
おっしゃるとおりです!
ごちそうさまですぅ~♪(うふふ♪)

だから「タコ2ワルツ」のあの歌詞が出来たんですやん?
♪世界中の街めぐり、たくさんの歌を聴いたね
 今もふたりかわらずに~歌い続けてる~

・・ってとこのハモりが「聞かせどころ」ですやん?

あ・・・ご希望があれば、びよらパートだけ
もっと超絶技巧にしても、よろしゅうございますが
いかがいたしましょーーーー♪

ふっふっふ~~♪

No title

誰もいない海、泣ける〜!!!!!

Re: No title

> 誰もいない海、泣ける〜!!!!!

感想ありがとう~~~~~!!!!!

なのですがぁ(ぽりっ)
追記しましたけれど、この曲、結局「作詞者はだれ?」状態みたい。
(山口洋子さんとあるけれど、良く知られた作詞家の人ではなく。。とかとか)

というわけで、お詫びをこめて別動画UPしました。
シャンソンの数々は、どこかで聴いたことがあるでしょうが
アプローズ(初演の主演さんです!)は貴重!
8分30秒からよ~~~~~~♪

空がこんなに青いとは

懐かしい…!!

この曲ですが、初伴奏の曲でした。
といっても、小学校の時じゃなくて、高校生の時でしたが…(滝汗)
クラス対抗の合唱コンクールの課題曲でした。
自由曲は「時無草」(詩:室生犀星 曲:磯部俶)。
私が伴奏したのは「空がー」だけで、
自由曲は部活の後輩で、ピアノの上手な子に弾いていただきました。
あまり記憶はないのですが、伴奏をやりたいと立候補したんでしょうね(笑)
当時、バイエル超適当で卒業しただけの私、
相当な?身の程知らずとしか思えません。(これは今も同じ…笑)
舞台のピアノでもずいぶん練習しました。
部活で年中ピアノをいじっていたので、
人前で弾くことにあまり抵抗はなかったですね。
伴奏自体も易しいレベルの曲でしたが、
ほぼノーミス(1か所ちょっと音が濁った)で弾けたという
記念すべき?曲でもあります。
この頃のほうが、今より遥かに舞台度胸がありましたねぇ…。
弾き終わってから、足の震えが止まらなくなって困りましたけど…(笑)

「ともしびを高くかかげて」は歌ったことはないですが、
合唱コンクールに出場した時に、他校の方たちが歌っていたのを聴きました。
やけに印象に強く残っています。冨田勲氏の作曲だったのか…。
「ともだちがいる」も岩谷時子さんが作詞されていますね。
これは中学時代に歌っています。(年齢がば~れ~る~笑)

また、楽しい思い出がたくさんの学生時代にトリップしてしまいました。
ありがとうございました。

No title

いやいや、空がこんなに蒼いとは、も泣ける〜!!と思っているのでスよ!

これッて、小学生のとき??伴奏した記憶があるのだけれど、何時だったかな???

なぜかーラ...のとこの、伴奏のあと打が、好きでした♪

Re: 空がこんなに青いとは

♪kusuさま♪

わ~~い!お仲間!お仲間!
大丈夫ですよ~~♪ 
この曲、Nコンで複数回課題曲になってるから~(どんな理由だ?笑)
それに自由曲だったら、これも年代わからないから~~♪(わははっ♪)

高校生っていうと混声ですよね?
わ~それも聴いてみたいなぁ。
きっと、ちょっとイメージが変わりますね。

そう「ともしび~」はトミタサウンドなんです。
当時はかなり新鮮なイメージでしたし、市民音楽祭的なフェス舞台で
「お姉さんお兄さん」はステップ踏んだり、手振りをつけたりと
これも当時の合唱シーンでは、とても新鮮でした♪

Re: No title

♪笛吹童子@同期のお嬢さんへ♪

だ~か~ら~ 
「いつ」伴奏したか?は禁句だってば(爆)
(昭和のこの時期に小学生っていう時点ですでにアウト?笑)

「なぜかシラ」ね♪わかるわかる!
そのあとの
「そら~」で、うわ~っとハモるところでくれっしぇんど~~♪
「とっても」「ほんとに」の左手でふわんっと小さく~~♪
なぁんてところも好きでした♪

ところでウチの指揮者先生は、これよりかなり速かった記憶が~。

Re: No title

♪非公開コメントの「と」さま♪
非公開コメントに公開での御返事で失礼いたします。
おっしゃるとおりですね。
たくさんのなつかしい出会いをされていることでしょう。

ところで、貴ブログのコメント欄がみつけられず
こちらからの御返事をお許しください。
さしつかえなければ、サイドバー「音の棲む場所直行便窓口」から
ご連絡いただきますと、非公開に御返事できると思います。
ご検討くださいね。
くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
09 | 2020/10 [GO]| 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR