FC2ブログ

想い出は歌の翼に乗って♪(追記あり)

おや?高原は、もう小さい秋が?
という話題がぴったりな「夏の終わり」のある日のこと。
(すみません!このブログ、時空がゆがんでおります。ご容赦を!)

NEC_2984_20131106100811444.jpg

まもる先生の展覧会@小淵沢「フィリア美術館」に
最終日の一日前!という「駆け込み乱入」をしていたのでございます。
その後、亜米利加ロスアンジェルスなどなど、各地で展覧会が開かれ
大忙し!のまもる先生の御様子はこちら。
先生のブログより「鳥の巣亜米利加旅行記が!続き物です♪

それなのに、いまごろ?いまさら?なご紹介ですが
しばしお付き合いくださいませ。
こちらが入口♪ かわいい♪
(あわてて撮影して、傾いちゃってすみません!)
NEC_2979_2013110610081066d.jpg

こちらは内部撮影禁止であり、オルガンの使用ももちろん禁止です。
(リードオルガン・パイプオルガンなども常設されています)

しかもこの日は自分の都合から、たいへんあわただしく出かけてしまい
まもる先生にも美術館さまにも、ご連絡のできる状態になく。。。
なので本当に「飛び込み乱入!」で伺ってしまったのです。

入口で「あの・・私。。。音夢鈴と申しまして・・・あのその・・」と
(公的に「音夢鈴」と名のったのは初めてです。。。照れました。。。)

理由をお話して、御快諾いただき!
無事演奏&録画させていただいたのでした。
(スタッフさま!当日のあたたかいご配慮感謝します!)

その後、限定公開としてまもる先生にはお聴きいただき
その後、美術館さまにもご検討いただき
公開できることになりましたので、このブログからのみ
しばらくの間「公開」とさせていただきます。

オルガンは、100年以上前の「メーソン&ハムリンのリードオルガン」で
通称「ベビーオルガン」と言うそうです(かわいい♪)
こちらには、とっても立派なリードオルガンやパイプオルガンもあるんです。
でもでも、このちいさな「おうた」には、きっとこの楽器の音がぴったり!
と、思っておりまして、「こちらのオルガンでぜひ!」とお借りしたのでした。
上記のようなわけで「飛び込み演奏」です。
楽器も初めてさわらせていただき、もちろんリハもなにも。。
なので、楽器が「こう弾けば?」と教えてくれるままに
鍵盤数と音域と音の呼吸にあわせて、その場でアレンジした演奏です。
「べびーさん」に「おうた」担当もお願いしたので「にんげんのこえ」は「なし!」です。

(ついでに言うと短い髪してて「OFFシーズンのOFFねむりん」初公開・・・滝汗・・・)

【追記です!!】
鍵盤屋としてはあるまじきことだったのですが、なんと・・鍵盤数などを調べるのを忘れ。。
いま、フィリア美術館さまより、楽器詳細をいただきました。
たいへんお手数をおかけしました。ありがとうございます!!
以下、いただいたメールそのままを追記させていただきます♪

♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

「ベビーさんの鍵盤数を確かめてみたところ、白鍵が23、黒鍵が16でした。
 白鍵の幅は22mmです。
 詳細…とまではいきませんが、以下がベビーさんの主なデータになります。」

【The Mason & Hamlin "Baby" organ】
製造会社名:Renamed Mason & Hamlin Organ & Piano Co.
仕様:Fスケール 1列笛 39鍵
製造年代(推定):1860年(Reed Organ Atlas)


♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪

そしてオルガンのある「フィリア美術館」さまHPはこちらです。
フィリア美術館@小淵沢HP

 玄関脇にある販売コーナーで、前に記述しました恩師である「音楽家」(声楽家)の伴奏もなさったりしていて私の「モーツァルト&バッハ」の精神的支柱・解釈の基礎のひとつ!と敬愛している方「小林道夫先生」のチェンバロCDも発見!
CD小林道夫先生
こちらに演奏にみえることもあるそうな。。チャンスがあったらぜひ拝聴したいものです♪
こういったCDや素敵なカードなどなど、いろいろな「掘り出し物」がある販売コーナーでした♪ 

ところで♪
「あなたがだいすき(22刷 楽譜付き)」は御蔭様で完売したそうで
もうすぐ23刷目が発売となるそうな(喜!!!!!)
ウチにお取り置きしている「22刷目」も、あと3冊しかありませぬ。
ご希望の方はメッセージ欄より~~♪(宣伝~~~~♪)
「おうた」がつくとこんな感じ。というのは
前にもご紹介させていただきましたが、こちら。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と・・これだけでは、力いっぱい時期はずれ~~!!
とブーイングが出そうですので(滝汗)

ここからは「つい最近」のお話をば(拙ブログでは珍しい!)

秋も深まり~~~♪
なつかしい場所へ行ってまいりました。
こちらも夕方ギリギリ駆け足!てしたが・・・。

こちら♪河口湖円形ホール
・・・の近隣の「紅葉まつり」に来たのです。・・一応ね♪
NEC_3069.jpg
ここは、ヒロミ姫とサロンコンサートを企画し始めたころ
「朗唱人奏琴人(うたひびとかなでびと)」シリーズ第2段として
メンデルスゾーン&リストwith歌手ジェニーリンドの物語を演奏した場所。
当時の「御礼」ページ@楽天ブログ

お話の詳細は「いらしてくださったお客様の心の中だけに」
が、コンセプトのサロンコンサートですので、記述を控えますが
製作秘話的なものは、このあたりにて
靴屋のハンスくん@楽天ブログ
「関連してます」というのは今だからはっきり言えるということで。
当時はあいまいに記述してますね。閑猫先生とのやりとりも楽しい♪

・・・あ・・あれ?
また時空がゆがんでる?(おっとっと)
そんな「なつかしい想い出」の場所だって
ちゃんと「目をあけて」観てみれば、
きっちり2013年秋♪なのデス。

あぶない、あぶない!
うっかりとまた時空が乱れるところでした(汗!汗!)
世間ではちゃんと時間が流れているのです。
私と違って。ね?(わはは)

・・・お話をもどしてもどして!!(あたふた)
まずは、なじみの「ダヤンのカフェ」でお茶して~!
(ラストオーダーギリギリ!)
オルソンさんの「いちごくりーむあんみつ♪」
NEC_3066.jpg
(ええ、これあんみつです♪)

現在は「紅葉祭り」まっただ中♪ということもあり
まぁなんとも賑やか!あでやか!!
NEC_3072.jpg
わくわくするのですが、夜ともなり・・翌日を考えると時間もあまりなく

「かんじんのおかた」ですが、良いお天気でして!
でもさすがに夕刻もほとんど夜?というような時間で光もうすく。。。
うっすら~~と、でもしっかりと!!全体がみえました。

どど~~~~ん!!!!ふっじさ~~~~ん!!!
NEC_3073.jpg

なにかいいことあるかな?とうっかり思ってしまう。
やっぱり最高!な「おやまさま」でございます♪

と。。ここよりお写真追加です♪
同行した相方より「ふらふらと撮影している音夢鈴」画像がきましたので(爆)
IMG_20131105_164148.jpg

と、これじゃ「御目汚し」なだけなので、
円形ホール前の様子はこちら
IMG_20131105_164107.jpg

そして「もっときれいなふっじさ~ん」はこちら
IMG_20131105_164302.jpg

みなさまにも、なにかいいことがありますように♪(祈)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「ふんわふんわ?」した音の感じ…
足踏みオルガンかしら?と動画をじ~っと観察。
えっ?得体の知れない視線を感じて、背筋がぞぞっとしちゃいました?(笑)
ああ~。ピアノとは奏法(またまた音楽用語の誤用かも)が違うのですね!
素朴な音色で温かさを増したオルガンバージョン。とても素敵です♪
それにしても、39鍵盤だなんて!かわいい~♪

秋の色合い・富士山・そして音夢鈴さんご自身とその魔法の手から放たれる音色。
早く早く!待ちきれませ~ん。
そろそろカウントダウンを開始しましょうか。

Re: No title

♪OKOちゃん♪

「たいふうっぽいもの」事件!
なんだかわかりませんが、停電さわぎでなくて良かったですね。(ほっ)
カウントダウン!
まず体調管理してからね~・・無理しないのよ~~~(おろおろ)
詳細はメールにて~~♪

ベビーさんは本当にかわいい子でした。
足踏み(リードオルガン)ですが、携帯用なんですって
「あ~こうやって組み立てるのかな?」とわかるくらい。
牧師さんたちにつれられて「日本の港についた」子のひとりなのかな?
最後、ディクレッシェンどをねらいすぎて「つかれちゃった・・」
みたいになって、ちょっと残念!なのでした。

No title

なつかしのフィリア美術館
なつかしの 音夢鈴さん
はじめての 髪型 じぇじぇじぇ
わたしも そんな ずら 欲しい

150年の時空を越えて 北杜の空に響くオルガン
音色も奏者も だ・い・す・き~

Re: No title

♪ぶらちぇオーパさま♪

途中まで素敵だったのに。。

>わたしも そんな ずら 欲しい


て・・・だいなし!ですやん!(大爆笑!)

では次回お会いする時は「オカッパーず♪」として
びよら&びやのでデュエットいたしませうか?(爆)

オルガンはほんとうにいい音でした♪

>音色も奏者も だ・い・す・き~

おおきにありがとさんです~~~♪(照れ照れ)




くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
09 | 2020/10 [GO]| 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR