FC2ブログ

ポスター公開!@図書館HP♪

さて。
ポスターが公開されました.

このへんです。
ポスター画像


ポスターに使用している
若きイラストさまHANAたんの御作品はこちら♪
どど~~ん♪
hana.png

そして、こちらも公開OKでましたので
ヒロミ姫のビジュアルはこちら♪
どどど~~ん♪
白須ヒロミプロフ 2 - コピー

え?私?
私は、ポスターので十分でございます(滝汗)

さてさて。
今回の「うたがたり」の舞台は
ライプツィッヒのメンデルスゾーン家サロン。
毎週日曜日に開かれていた「日曜音楽会」での一幕。

なんと!ほぼ毎週新曲が発表され
合唱曲・室内楽などは「その場で」譜読み・音出し。
そういったことを「楽しむ」ことが常だったとか。。。
(ものすごいゴージャスな初見大会。。。。。)
バルトルディ家 日曜音楽会

というわけで
音楽はオール・メンデルスゾーン・プログラムです♪

このサロンの主役はもちろん
フェリックス・メンデルスゾーン。
こちら、メンデルスゾーン家御自慢の二人。
ファニーとフェリックス姉弟の肖像。
imgb12591e3zikazj.jpeg

大人になってから。。の肖像画は
あちこちで見かけると思いますので省略♪
さらに。
フェリックスの麗しき奥方。セシル夫人♪
441px-Cecile_Mendelssohn_Bartholdy.jpg

このお二人の子供たちは
「まるで天使のよう」だったそうですが、
さもありなん~~♪

さて、このサロン。
主役もきらびやかなら御客様も豪華♪

ゲーテ・ハイネ・グリム兄弟
リスト・ショパン・シューマン夫妻・・・
そして、前々回もエントリーにて
「弦楽器のような声」
と語っていた「あの人」こと
歌手のジェニー・リンド嬢です。
465px-Jenny_Lind_-_JLAsher_1845.jpg

ゲヴァントハウス・オーケストラが入っていて
オペラやバレエも上演できたという
(もちろん御客様もはいって。。です)
なんともゴージャスなサロンの「日曜音楽会」
見渡す限り有名人だらけの中に
グリム兄弟につれられて出かけちゃったという
「異邦人アンデルセン氏@かなり天然さん」

さてさて。どうなることでしょう。

なぁんてね。
これ・・・こどもにわかるの?
と、思っちゃうでしょう?(うふ♪)

でも、日頃のレッスンだと
シューマンのユーゲントアルバムを弾く子にも
(う~~ん・・・年長さんくらいからかな?)
そのときの様子がわかるように
「おはなし」することが、あるわけですね。

というわけで、
今回の公演では、「あらすじ」でなく
「おてがみ」としてみたわけです。
こんな風にね♪

やあ!みんな!
「はだかのおうさま」っていうおはなし、きいたことある? 
じゃあ「みにくいアヒルのこ」は?
「マッチうりのしょうじょ」は?
 どうかな?
これはね。ぜんぶ、ハンス・クリスチャン・アンデルセンっていう
「ものがたりのおうさま」がつくったおはなしなんだよ。
こんどの「うたがたり」はね。
ものがたりのおうさまが、まだまだ「おはなしのおにいさん」だったころ、
たいせつなともだちにであったときのおはなしなのさ。
そのともだちのなまえかい?
フェリックス・メンデルスゾーンっていうんだ。
きれいなうたをたくさんつくった「さっきょくか」さ。
このふたりがともだちになったことで、
たくさんのおはなしがうまれたっていうわけさ。
はてさて、それからそれから???
このつづきは「うたがたり」でね!
みんなにあえるのをたのしみにしてるよ! 
           ―おうたつくりの音夢鈴(ねむりん)よりー



「うたがたり」としているのは、
もちろん
「ジングシュピール(魔笛などです)」のように
寓話・民話のような「おはなし」にしたいから。

既存楽譜にあるような
物語に曲を【はさむ】とかBGMとして弾くとか。
もしくは、オペラのダイジェスト版とか。
そういうのではないつもり。
なのです。。。。。私としては。

じゃあ
つもりが「つもり」のまま終わらないように。
なにをしているか?といえば、
作曲者を含めて
登場人物たちと、感情の流れが通じ合えるように
歴史的にも作者(作曲者)の感情論においても
「そこ!」「それ!」であろうという「選曲」がすべてかも。
そういう意味においては
音楽史的な研究の結果ともいえるかもしれません。
でも、それが「レクチャー」とか「研究発表」にならないように。。
「おはなし」できるようにしたいわけです♪

いつもいつも思うことは
目の前のこどもたちだけのために
なるべく家庭的な方法で作ること。
生演奏だからこそできること。

あの時代といまの時代と
作曲家と演奏者とこどもたちと
「おと」と「ことば」と

さまざまな「いま」と「むかし」が
自然に共振(シンクロ)するあたり。
「呼吸」と「感情」のシンクロニシティー。

そのために自分に課したことは
「ひらがなで書いて通じることば」

こどもたちに、わかることば 
いちどだけで わかることば

ただね。
それを。ね。
「うたがたり」として
成立させてくれるのは
やはり姫がいてこそ!なのです。
毎回・毎回そう思います♪
(ほんとよ~~~♪)

では。おまけです♪
まず、近しい人であった
詩人と作曲家のコンビ作品をば。
ハインリッヒ&フェリックス
(ハイネ&メンデルスゾーン)
「歌の翼に」

まずは、音だけの演奏で

リスト編曲のピアノソロ版。
演奏はエミール・ザウアー(リストの高弟のひとり)
録音は1923年だそうな。


こうして
「なんでも自分流に味付け(編曲)」して弾いちゃうリストを笑って許しつつ、
そのリスト風を「モノマネ弾き」して原曲の作者が披露。
なんていう場面も「日曜音楽会」の一幕だったそうな(いいなぁ~♪)

さて、こちらは
フェリックスもハイネも思いもよらなかったでしょう。
中国語による児童合唱で♪(合唱版の「音」は作者本人によるもののように思います)


日本語の歌詞は、門馬直衛大先生を始め
合唱・独唱ともに、いろいろあるのですが
ちょっと・・いえだいぶ・・
言葉がむずかしい。。かな?と。

なので、今回の「うたがたり」では
たいへん僭越ではございますが
「おうたつくり音夢鈴版」で、お届けいたします。
こどもたちといっしょに
たのしく、うたえたらいいなぁ~♪

ところで
ピアノ曲を中心に考えてしまうと、ついつい小品の多いサロン的作曲家。
と、思われがちなメンデルスゾーンですが
オーケストラ作品・弦楽器作品においては、大曲もたくさんあるのですよね。

そんなわけで、本日の「おまけ」はこちら。
(なんと!ふとっぱらに全幕UPしてくださった方が~~♪)

17歳のフェリックスがシェークスピアを読んで作ったという(なんと!)
物語のキャラクターのすべてが「音」で表現されている「序曲」をはじめ
後に、曲数を重ね、やがて物語すべてを「音」で再構築したという作品。

「真夏の夜の夢」(バランシン振付!スカラ座!)


え?知らない作品ですって?
いえいえ・~~~おそらくほとんどの方はごぞんじです。
1時間07分あたり(フィナーレの始まり)で登場する
あの「めでたい行進曲」♪
舞台だとどうなっているのか?ぜひお聞きください(はあと)


追記:シューマン夫妻とブラームス・・といったような「恋愛話」を好む方々にとって
   メンデルスゾーンとジェニーリンド(とアンデルセン)というメンバーは
   ある種「昼メロ」的存在でもあることは、重々承知しています。
   彼らの間には、そういった下世話な感情のとどかない場所に構築された
   かなり高次の・・・同志とでも呼べるような友情があった。と。
   自叙伝他の書物と音楽から読み取ったことを踏まえて今回の脚本を製作しております。

コメントの投稿

非公開コメント

くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
09 | 2020/10 [GO]| 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR