FC2ブログ

めでたしのその後を

このような話題については、実は一度楽天で書いたことがあります。
リフレインのように、同じきもち
でも、前とはちょっぴり違うきもちも。。。

そんな「きもち」をつらつらと語ってみたり。。。

*************************

年度末近し!ということもあり。
今年はいろいろな活動の書類(3年間保管規定あり)など
「そろそろ処分してもいいかな?」というものもあり。
なおかつ重複したコピーもまとめたり。。
などなど「おかたづけ」の必要性を感じまして(はい、めずらしく)

先週からどっちゃりとどっぷりと書類整理中。

なかなかに、ずたぼろでございます(書類って重い。。ぜえはあ)

ついでに楽譜類もイチオウ出版社別に整理してみたり(あらめずらしっ)
NEC_1295.jpg
あんまりめずらしいから記念撮影してみたり(爆)
いつもはどうなのか?というと。。。
「いま使う楽譜とそうでないもの」という区分けしかしておりません(苦笑)

すぐ弾くもの→譜面台の上
もうすぐ弾くもの→譜面台の横
今年中に弾くもの→ぴあのちゃんの上のどこか
製作途中の資料→ピアノ脇の整理棚

ここまでで、すでに数十冊が重なっておりまして(滝汗)
あとはなんとか書庫におさまりました(ほっ)
地震多発につき、お写真&額いりのもろもろについても
こちらにしまいこんでおります。

で、ごしゃごしゃとおかたづけをしていたら
「????」というケースを発見

(開けるな危険!な予感。。。)

よせばいいのに
(ほら。。音夢鈴さんは好奇心のカタマリだからね)
ついつい、あけてしまい、座り込むはめになる(ああああ)

それは、長年の(えぇすごーーーく長年の)
発表会のプログラムの束だったのでした。

はい。コンサートじゃなくって、発表会です。
自分が生徒だった時代の発表会。ね。

で。。。あれこれ観ていく中で
自分の記憶違いに自分でびっくりしたのが、こちら。
NEC_1286.jpg

これは中央線沿線とある小さなピアノ教室のプログラム。
ですが。。。某こんくる中学生部門において
関東・甲信越・中部全部の一位が全員同じ教室(まぁびっくり♪)

で。現在どっちかというとポップスシーンでご活躍中の某S・T氏(関東1位)
ベートーヴェンのソナタじゃなくって、ウェーバーだったっけ?
あれぇ???月光3楽章で受賞して、発表会では全曲弾かなかったっけ??と。
しばし考える。。。。

(私@甲信越さんはドビュッシー版画より「雨の庭」です。)

そしたらページをめくって倒れそうになりました。
NEC_1287.jpg

受賞記念と普通の出番と両方あったの?そうだったっけ????
(普通の出番のほうが、ベートーヴェン全曲だったりして。。)

と、言いつつ
自分で自分にもびっくり!
ショパンのエチュード「黒鍵」を弾いたことは覚えていたのだけれど
このときに両方いっしょだったっけ???
おまけに「ついで」のようにスケルツォ1番も弾いてる。。。。

ついで。。といへば(いや全然ついでじゃないけども)
モーツァルト2台のソナタを弾いてるのも、この年だったらしい。。。

いやぁ・・・ねむりんさんととしやくんったら、
中学生の時はご立派。。。だった。。ね?(←あくまで過去形 爆)
ひたすら走り続けても、まだ走れる。
一日中弾いていても、まだ弾ける。
そんな時代に、
自分よりさらに猛スピードで、素晴らしく走りぬけている人がいた。
そういう存在に出会えた幸せを思います。
(もっちろん!くやしい気持ちも山ほど味わったけどもっ!あはは~ん♪)

いやはや。。。それにしても。
そんなオオゴトをなんでもなくやっつけた頃もあったのねぇ(遠い目)
そして、そんなに遠い日のことなのに
もしかしたら、あの当時のレパートリーが一番「手についている」のかもしれない。
本当に今の自分の基礎になっているなぁと。しみじみしたり。
いや~~ほんと!学生時代って素晴らしいっ!

と。。
そんなふうに、センチメンタルジャーニーをともなった
「おかたづけ」の後だったせいかどうかわかりませんが
今月の「にほんごであそぼ」の「おうた」に涙したりしております。
(このお写真の中学生たちって、初期メンバーくんたちよねっ!)

にほんごであそぼ「小さき者へ」
(ぜひ右上の「うたをきく」をぽちっとして聴いてください。できたら番組で振付も観てくださいね)


♪行け 勇んで。。。小さき者よ。。。

かつての私たちにも
そう背中を押してくれた
たくさんの方々がいて
そのおかげで
今があるのだと思います。

彼のように尊敬すべき身近な人物の存在も
またたいへんにありがたいものだった。
と、いまさらながらに感慨深かったり。。。

でも、このプログラムは、
むかしむかし、あるところでの
「めでたしめでたし」の証のひとつではあるけれど
それぞれに「めでたしのその後」を
えっちらおっちらと歩んで、
その迷いの後に「いま」があります。

その迷いのあちこちで
「小さきもの」たちの瞳に、本当に助けられました。
こんなにちんまりして、ずたぼろな「背中」だけれど
とても「見せられたものじゃない!」場面もたくさんあったと思うけど。
それでも、その背中を観ている子がいる、と思うことで
なんとか乗り切った山坂がたっくさんありました。
みんな♪ ありがと♪

そんな「いま」
この先にどんな「あした」があるのか。
もうそろそろ、落ち着いてもよかろう?
という「おとしごろ」なのに
うっかりやっぱり。
小さきころと変わらずに、どきどきしております。

はい。懲りない人であります(あはっ)

そして微力ながら
「行け!勇んで!」と
背中を押してあげることができたら
それもまた、とても幸せなことだと
心からそう思います。


今ね。
ちらちらと雪が舞っております@関東はじっこの当地。

でもね。
昼間、ちゃあんと観たんです。

ほら!
一瞬の青空。

そして
確実に。
着実に。

「春」です。

NEC_1289.jpg

某S・T氏はリンクにオフィシャルHPがあります♪

コメントの投稿

非公開コメント

タイトル

春よ~ 遠き春よ~♪  まぶた~ 閉じればそこに~♪
愛を~ くれし君の~♪  なつか~しき声がする~♪

あ、、いや、春はかなり近そうですね。

Re: タイトル

> 春よ~ 遠き春よ~♪  まぶた~ 閉じればそこに~♪
> 愛を~ くれし君の~♪  なつか~しき声がする~♪
>
> あ、、いや、春はかなり近そうですね。


はい(にっこり~~♪)

と言いつつ、昨晩もちらちら雪が舞いましたが(苦笑)
でも、やはり「春の雪」です。

あ!そうそう。
上のお歌の雰囲気を壊すようでナンですけれども。
「愛を~」と歌うような雰囲気は皆無な日々でございました(涙目)
ええっとなんと申しましょうか「こんくる虎の穴」状態?
そして二人とも、実は「負け組」だったりして(爆)
文部大臣賞は中部代表の2こ上の先輩でした。
そいへば・・
この先輩へのあこがれから、シューマンのアラベスクを練習したんだわ~♪
いや、この先輩。ほんと王子さまタイプだったのよね~~♪(うふっ)



くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
08 | 2020/09 [GO]| 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR