FC2ブログ

ちょうどいい?

楽天時代から、当ブログの指針として
「現在および10年以内の過去の指導について記さない」
という自分で取り決めたものがあります。

その時のその子の、まったく「特別な時間」であり
同じ学年であれ、いわゆる「レベル」であれ
ほかのどなたかに当てはまるとは思えないし
その時間って、ほんとうに大切な宝物。
その子と私だけの秘密だからね(ふっふっふ)

で・・・さてと。
「指導」じゃない部分で
こどもの目線で切り取られたり
すばらしき想像の翼に乗せてもらったり
ということについては
本人が特定できないことに配慮しつつ
ちょいと書いていこうかな?と。

提出された作品(学校やコンクールに)については
どんなにちいさなものでも、
それは、本人の「心や体の一部」ですから
こちらでのご紹介はひかえますけれどもね。

(だからいったいなんの教室なんだ?笑)

音の棲む場所なんとか教室(←爆)の銀猫図書館は
ある意味、とっても「ごちゃまぜ」な並べ方です。
実はこれ・・「背の順」に並べられております。

いえ・・本の「背」の高さじゃなくって
読む子どもたちの背の高さ。

だいたいこのあたりなら、このくらいの子の手が届くな。
という場所に、あてはまりそうな本を置いておくという。
なので、サイズや色はもちろん
漫画も学習参考書も辞書も絵本も文学書もごちゃまぜ♪

(え?ごちゃごちゃのいいわけ?・・・そうかも(爆))

で。。。さて。

とある日、幼稚園生が自分で取り出して
時間内に「あそんだ」本が、この三冊。
(回し読み・読み聞かせっこもあったりして)

image_20120502085326.jpg

「もけらもけら」は
「じぶんでよむから~♪(はいはい。じゃ、聴きます♪ どーぞ)」

「アリクイにおまかせ」は
「わたしはね~おかたづけとくいだもん!(←お!上から目線♪)」

で????「数の悪魔」は?
実はだいぶ「高いところ」にあったのですよ。
背の順でいうと、小学校高学年~中学生くらいの予定ですから。
でも、椅子に上って~背伸びして~~
「もう自分で取れるもん(えっへん!)」←すごくえらそう 笑

・・・選択の理由。

「もう●組さんになったもん!(←年中さんね)」
「だからおおきいもん!お姉さんだもん!(←ま・・そうね)」

もちろん!絵の部分が出てくるまで
超特急でめくってしまいます!(アタリマエ)
ですが
この本、途中に「数字」が満載されていて。
しかも1+1+1+1・・とかなのね。
♪や数字は「絵」と同じ認識らしい・・のですよね
(モノの研究によるとデス。幼児の読譜術の一つの方法)

つまり・・うっかりと

「しってる~♪ わかる~♪」

と思うみたいなのです。
というわけで
「読み手=書き言葉から幼児認識言語への同時通訳者」としましては
大汗かいて悪戦苦闘!・・・ぜえはあ・・ぜえはあ・・(←さんすうにがて)

で、この本の「読後(視聴後)感想」といたしましては・・
(繰り返しますが、幼稚園生(複数人)です)

「1を知ってたら、さんすうはだいじょぶだね」
「1だけど・・大きい1(巨大ガム)や小さい1(ねずみ)があるんだね」
「まとめて10個とか100個とか箱にはいってると『おとく』だね」

だそうで・・・。

うむ。。。幼児!おそるべし!(わはははは)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご本紹介。

「もけらもけら」 
  ジャズピアニスト山下洋輔氏の「ことば」による本。
  ある意味「ヴォイスパーカッション」かな?と思ったり。
  文字の上がり下がりと大きさで「ニュアンス」を出したり♪
  「しゃばだっしゃばだっ」で掛け合いしたりと楽しいです♪

「アリクイにおまかせ」
  竹下文子先生作。低学年用課題図書になった本。 
  「AKS(アリクイかたづけサーピス)」大活躍っ!♪
  ただし「とことんぴっかぴか」という言葉をただしく理解する必要♪
  「AKS(←AKBにあらず!)」の電話番号が
   途中で切れているのが残念!(たのみたいらしい人・・)

「数の悪魔」
  E・ベルナー(ドイツの詩人・批評家)」の本。
  「1の不思議」「0はえらい」「素数の秘密」「わけのわからない数と大根」
  「パスカルの三角形」「ピタゴラスの宮殿」など

・・・・・・・・・

そーいへば。

「ぴたごら・すいっち」で「ぴたごら」という言葉は「知ってる」し
「もけらもけら」の中の「ぴた・・・ごら・・・」も「読める」し
「ピタゴラスの宮殿」だって「わかる」のか・・

・・・・そうか・・(えーーっと)・・(ぽりっ)

・・・・・そうなのか?(おろおろおろ)

あははは~♪

こんなこどもたちに囲まれていると。
「何歳用」とか「何年生向き」とかっていう言葉が
どうにもまっすぐ心に届かないのですよね。

「私を束ねないで!区切らないで!(新川和江詩集より)」
と言われそうでね(うふふ)

ちなみに「もけらもけら」は、「弾いてみる」「歌ってみる」
というのが一番簡単だと思われます。
「じょわら~ん・ぐわら~ん」(当然肘・腕・手のひら演奏)なんて
こどもたち大大大~~~好き!だもの(爆)
「どばたとん!は『そくてんのおと』」はい大正解!(←できてないけど 笑)

幼児たちよ・・・
キミタチってば本当に・・・(ふるふるふる)
タダモノではござらぬな!(←音夢鈴さんキャラが変です)
キミタチに「ちょうどいい」というモノサシって
そうそう簡単に作れないねぇ・・。
うぬ~~~~
せんせは・・・・せんせは・・・・・・・
もうもう!まいった!降参!でござる~~~~(平服!)

あ~おもしろかった♪

(あ。。。ピアノもソルフェも聴音もやってますよ~♪←念のためっ!)

コメントの投稿

非公開コメント

くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
08 | 2020/09 [GO]| 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR