FC2ブログ

余韻(と蛇足)

今日のお天気ときたら。。。。
NEC_1559.jpg
「晴れのち曇りのち雷のち雨のち晴れときどき曇りかと思いきやお天気雨!」
すごいなぁ・・・(いやなにがすごいのかわからないけども。。)

お写真は「キツネの集団嫁入り!か?」というお天気雨の状況。

今日が「ほんとうの満月(数えでは十六夜)」ということなので
夕方には晴れてほしいなぁ。

昨日のスーパームーン。見事でしたね。
月光浴しながら、ご近所そぞろ歩き。
くっきりと自分の影がうつるほど。

さてさて・・・
昨日の想い出話の余韻をすこし。
あ・・その前に「蛇足」に近い「補足」を。

☆先生の年齢からの推察で
「ボケが始まったお話ね」と思われた方。
 違います。(きっぱり)
 この後も、なにごともなかったように
 時計のように始まるレッスンは変わりなく。
 最後のレッスン(亡くなる数日前)まで
 ほんとうに完璧な方でした。

ただ一度のこと。
だから記憶に残ったのだと思います。

☆「待たせて当然・遅れて当然と『先生が』思っていた」
 ということも、これも完全にありません。
 こちらが勝手にそう思っていたにすぎません。

☆お名前を正式に出さないのは
 検索による「さしさわり」が多すぎるからであり。
 関係者各位には、書かなくてもわかるからです。

なつかしい。。。
ただその思いからだけで、つぶやきました。
せんせいは「人として」も素晴らしかった。
その一旦を書き留めておきたくて。

そんなわけで、思わずの「蛇足」
ぬきあしへびあし(蛇足)もぞもぞぞぞzzz。。。
そんなこと微塵も思わなかった皆様におかれましては
お目汚し多謝。

こちらはお天気雨に光る塀の蔦たち。
(そろそろ刈り込まねば!と思いながら目そらし・・・←こらっ!)

NEC_1560.jpg


さてと・・・

ここからは「想い出の時間」の余韻

またはその余韻の中で自分が得たもの。

地味な小品というのは、
弾く場所も聴衆も選ぶので
なかなか板に乗せるのが難しかったりする。

メロディーラインで聴かせるのでなく
響きのゆるぎで動いていくようなものは特に。

場所・湿度・温度・ピアノ(調律さんの都合!)
などなどと。。。
必要なものが多すぎて躊躇する。

内声の「よどみ」と「ゆらぎ」
それをあからさまに具現化しすぎるのも
かといって、理解不能なのも困る。
そういう曲って
舞台ではお座席の設えや場所によって
「やりすぎ」と「きこえない」
の両方のお席が混在しちゃって難しいんだけど。
40~50キャパのサロンなら。

本当にその場の空気次第だけれども。。
その方向で練習を進めようと思う。

以下、備忘録的つぶやき。

なぜ
「アンティークのピアノスツール」
というものの高さがあの高さなのか?
ピアノの鍵盤の高さがあの高さなのか?
なんとなくわかった気がする。
(なんとなく。。です。理由はなし。)

何年かぶりに(10年以上か?)
ピアノ椅子の基本位置を2段下げました。
(座高は伸びてません!!!←真顔)

椅子の置き場所も若干後ろへ。
こうすると左足のひざの位置と角度
かなり前と変わりますね。
しばらくして、この位置においての
骨盤から背骨の「落ち着く」場所も発見。
倍音たちの出会う場所が
前よりも頭蓋骨に近い場所な気がする。
このあたりなら、つかまえやすい。
意識下に取り込むのも楽。
(ここってエコな場所なのかも!うふふ♪)

今は
(少なくともクラシック曲では)
この位置がいいのかもしれない。
しばらくこれでやってみよう♪

コメントの投稿

非公開コメント

前回と今回

前回コメントしようかなあ~と思いつつ
やはり良い意味でのせっかち!(頭の回転がはやいのよね)
もう先へいってる音夢鈴さ~~~ん



あなたがタンゴの節句というと
どうもこいのぼりよりタンゴのリズムが流れ出す私です

そして今回もじゅげむを思い起こさせるお天気!

それに比べると私はノクターンかしら(笑)



そしてあのせんせいは頭の切れる
それなのに口調は上品で、というのが
私の印象です
(普段が江戸っ子の先生だっただけに!)


音夢鈴だけのすてきな思い出ですね




ピアノの椅子わかるわ~
ラフマを弾くときは椅子高くするのよ!

ジャズ系は低いほうがのめりこめると思います
(ちょっと違うほうへ話がいっちゃったかしら?失礼!)



今度椅子談義しましょうね!!


Re: 前回と今回

> 前回コメントしようかなあ~と思いつつ
> やはり良い意味でのせっかち!(頭の回転がはやいのよね)
> もう先へいってる音夢鈴さ~~~ん

ごめんね~♪ いつも前のめりで~♪(てへへ)

> あなたがタンゴの節句というと
> どうもこいのぼりよりタンゴのリズムが流れ出す私です

こいのぼりのタンゴ?(←誰もそんなことは言ってません)

♪やぁねぇよぉっおっりぃいいい(じゃじゃ)
♪たぁ・かぁ・~ぁ~い~(っじゃじゃんじゃん)

みたいな?(←だから誰もそんなことは・・以下略)

> そして今回もじゅげむを思い起こさせるお天気!

あの後増えたのよ!
「・・・のち黒雲ときどき雷いっしょに雹!うひょう~♪」って

> それに比べると私はノクターンかしら(笑)

・・・ノクターン
・・・ときどきチャールダッシュ・・のちブルース?(あは~♪)

> そしてあのせんせいは頭の切れる
> それなのに口調は上品で、というのが
> 私の印象です

でしょう?
完璧すぎな印象なのよね。誤解されるほどに。
そろそろこゆことを語ってもいいかなぁと思ったの。
時効というかなんというか。。ね?

> (普段が江戸っ子の先生だっただけに!)

あはは~~ほんと!
べらんめぇだったよね~オタクのせんせは♪
さっぱりきっぱりばっさり!(あはは~←滝汗)

> 音夢鈴だけのすてきな思い出ですね

えへへへへへ(照れ)


> ピアノの椅子わかるわ~
> ラフマを弾くときは椅子高くするのよ!

あ、やっぱり?
なんかさ・・
コンサートホールでのリサイタル形式が普通になった時代と
それ以前って、いろいろ違うよねぇ。
ゲーテが幼きメンデルスゾーンにクッションを・・という場面があるじゃない?
外国人の10歳くらいの子供でクッションひとつっていうのが妙に納得したのでした。

> ジャズ系は低いほうがのめりこめると思います
> (ちょっと違うほうへ話がいっちゃったかしら?失礼!)

ほうほうほう(めもめもめも)
いまねぇ~~Rumi先生のご指導のもと、「なんちゃってジャズ」勉強中♪

> 今度椅子談義しましょうね!!
いいですね~~♪
その時に二人ですわるのはヨガボール?ぷよぷよぷよ・・・(←だからなぜ?笑)
くろねこ時計
プロフィール

音夢鈴ーねむりんー

Author:音夢鈴ーねむりんー
ねむりんチャンネルへようこそ!
なりわい:鍵盤屋
     (ぴあにすと)
生息場所:音の棲む場所 
     
基本クラシック奏者。
時として企画者。
あるときは脚本書き
たまにさすらいの吟遊詩人
気がつけば
てあそびナビゲーター?!
しかしてその実態は!!!!
・・・銀猫同居人である。

画像は御友達描くところの
音夢鈴(ねむりん)@公式
皆さまどうぞよろしゅう(ぺこり)

メールフォーム
音の棲む場所直行便窓口

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめプラグイン
08 | 2020/09 [GO]| 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR